癒しのアロマ♪…でも「精油」と「アロマオイル」は別物だって知ってましたか??


アロマオイル

「良い香り」は癒し効果はもちろん、時にロマンチックな気持ちにさせたり、集中力をアップさせたりと様々な効果をもたらしてくれます!
アロマディフューザーなどで生活に取り入れている方も多いのでは??

アロマの世界でよく使われる「精油(せいゆ)」。皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。では精油とはいったい何なのか詳しくご存知でしょうか?
今回はアロマの効果を得るには必要不可欠になる精油について詳しくお話したいと思います!

■精油とは??

そもそも精油はエッセンシャルオイルのことで、植物の葉や茎、根、樹皮、また花びらや果実の皮に含まれている、芳香性の成分のこと。
それら植物の中に含まれる芳香成分は、植物の種類によって違った方法で抽出されて、薬効成分を持った精油となります。したがって「精油(エッセンシャルオイル)」という表記は100%天然のものにのみ許されているのです。

逆にいえば100%天然でないもの、合成の香が混ざっている、または100%化学香料のものには「精油」という商品名は付けられません。
それ以外のものは「アロマオイル」という表記になります。

■目的によって使いわけて!

とはいっても、精油がよくてアロマオイルが悪いということではありません。
この二つは使用できる用途が変わってくるので注意が必要になります。

精油もアロマオイルも香りを嗅いで楽しむ分には問題ありません。アロマディフューザーなどにもお使い頂けます。

ただアロマオイルはそれ以外の使い方はあまりオススメしません。

精油はその他に、お風呂に入れてアロマバスを楽しんだり、植物オイルに薄めてアロママッサージを楽しんだりもできます。

区別の仕方として直接肌に触れるかどうかが大事になってきます。
アロマオイルは特別な注意書きがなければ、そういった用途には作られてないので避けてください。肌荒れなどの原因になりかねません。

皆さんもお手持ちのものが精油なのか、アロマオイルなのかきちんと把握して快適なアロマ生活を送ってくださいね!