夏だけじゃない!意外と知らない冬の正しい紫外線対策!


紫外線対策

紫外線対策と言えば夏が勝負と思いがちですが、実は冬でも紫外線は肌に届いているのです。この季節もしっかりと、日焼け対策と乾燥対策を同時に行っていきましょう。

■シワ・たるみに繋がる紫外線

冬にとくに気を付けたいのが、UV-A波によるシワやたるみの進行です。これは、1年を通して比較的量が多く、雲や窓ガラスも通り抜けることができます。そのため、冬の太陽が出ていない日や、室内にいるときでも、肌は影響を受けているのです。UV-A波によって皮膚の下にあるメラノサイトがダメージを受けることで、メラニン色素が皮膚の内部に残りシミやたるみの原因になります。

■冬の日焼け止めの選び方

日焼け止めはSPF20前後、PA+以上が最適です。真夏のようにSPF値が高いものを塗るのではなく、毎日この程度の値のものをこまめに塗るということが大事です。また、乾燥対策として潤いを保つことができる保湿成分が入っているものがおすすめです。

■紫外線が多く危険な場所

冬といえば雪!ということでスキーやスノーボードに出掛ける人も多いでしょう。肌が露出している部分は顏だけですし、紫外線対策はそんなに考えないかもしれませんが、実は雪山は非常に多くの紫外線を浴びる場所です。紫外線は雪に反射するので、上からと下からの両方から紫外線のダメージを受けます。両方を考慮すると、夏に浴びている紫外線量とほぼ同量になります。

また、同じく標高の高い山も太陽に近くなればなるほど紫外線の量が増えます。登山の際には長時間紫外線を浴びるため、対策は必須です!

夏には夏の、冬には冬の正しい紫外線対策があるのです。美白を保つためには、一年中しっかりとケアをすることが大事になります。日々の努力で雪のような白い肌を手に入れましょう!