キッチンにある「アレ」をブラジャーに入れるだけ!イライラ解消で心穏やか♪

塩ブラ

日本では昔から「塩」は不浄や悪を祓うものとされ、お清めやおはらい、盛り塩などに使われてきたことは皆さんもご存知のはず。
東洋医学においても、塩は「気」の流れをよくするものとされ医療やセラピーの現場で多く使われてきました。

また胎児を包む羊水も、海水と同じ成分で出来ている為、人と塩との関わりは深いもの。
さらに、塩は滝や森林で多くみられるあのマイナスイオンを発生させるとも言われています!
こうしたことから、塩には人の心を落ち着かせたり、元気にするパワーがあると考えられています。

今回は、この塩の新たな使用方法として「塩ブラ」なるものを紹介したいと思います!

■塩ブラとは??

「塩ブラ」何やら不思議な言葉ですが、簡単に言うとブラの中に塩をいれるという簡単な健康方法のことです。
あの藤原紀香さんが実践してるということで話題になった塩ブラは、体から出た汗などの水分と塩が混じることでマイナスイオンを発生させるという仕組み。
なぜブラ?と思うかもしれませんが、心臓が近いブラの位置は塩のパワーを体内に取り組みやすいんだそうです。

■塩ブラの効果とは??

やり方はとても簡単です。準備するものはキッチンにある塩とティッシュペーパー。
①小さじ1〜3程の塩をティッシュにくるむ。
②それを胸とブラの間に入れる。
たったこれだけです!

精神的なやる気を出したいときは右胸に。イライラして情緒不安定な気持ちを鎮めたい時には左胸に入れてみてください。

使った塩はお風呂などに入れて使い切り、毎日取り替えてくださいね。

左右両方に入れてみるのも良いですが、なんとなく心地が悪く感じたらどちらか片方の胸だけにしましょう。
日中ブラに入れて活動するのが不安な方は就寝時に試してみてください。こちらも十分な効果が得られます。

冷え、イライラ、のぼせ、疲労感などの更年期障害に似た女性特有の症状にも効果的なんだとか。
年末は何かとバタバタして心身ともに疲労がたまりがち。
心を落ち着かせる為のおまじないとして、塩ブラを試してみてはいかがでしょうか♪