憧れのパッチリおめめに近づく『目を大きくするマッサージ』法


日本人の顔は、他の人種とは違ってバラエティに富んだ顔の特徴を持つ人種です。目の形も本当にいろいろですが、日本人が多く憧れるのは、大きくパッチリとした目です。

コンプレックスを吹き飛ばし、目元パッチリ、瞳キラキラ、健康的で魅了的な大きな目づくりを目指しましょう。

◆眼輪筋のストレッチ!

パッチリとした目元を作り、またそれを保つには眼輪筋を鍛えることが大事です。まず、この筋肉を鍛えることから始めましょう。
眼輪筋を鍛えると、目が生き生きとしてきて表情が豊かになり、魅力がUPします。

**眼輪筋ストレッチ**

①顔をギューッと中心に寄せ縮めながら目を閉じます。そして、目を大きく開けながら顔全体を外に広げるように意識します。
②目をクルクル回したり、上下左右の眼球を往復させ、筋肉に刺激を与えます。
③眉を額側に向かって思いっきり目を大きく開けた後、瞼だけをゆっくり閉じていきます。数秒後ゆっくり眉を戻します。

このストレッチを数回繰り返しましょう。

マッサージ

◆「ツボ押し」で腫れ目を解消

腫れぼったい目の解消に効くのは「清明」というツボです。位置は、目頭と鼻の付け根の骨の間にあります。
このツボを、中指の腹を使って、左右同時にゆっくり押します。また、清明の少し上の位置にある「攅竹」のツボを親指の腹でゆっくり押しましょう。

余分な水分や老廃物を流すと、目の腫れぼったさが少しずつ改善され、目元がすっきりしていきます。

腫れぼったい目の理由は「目のむくみ」が原因の場合があります。その時は、血流とリンパの流れを促しましょう。

軽く目を閉じ、上瞼の眉毛の下の辺りに、人差し指、中指と薬指を軽く当てて目頭~目尻に向かってやさしく指圧をしましょう。

水分や老廃物が流れて、目元もスッキリ、腫れもおさまってきます。

これらのマッサージは、目をパッチリさせるだけではなく、加齢の影響で目の周りが衰え下がってきた場合にも効果的です。
皆さんも、是非試してみてくださいね♪