女っぷりをUPするなら、毎日のNG習慣をSTOP!!


毎日の何気ない習慣の中に、「美」「元気」「明るさ」を下げてしまうNG習慣が潜んでいることに気がついていますか?

ちょっとしたNG習慣に気がつき、やめるだけで心も体もスッキリ元気になります。
「ちょっと不調」「肌にトラブル」「痩せにくい」など、思いあたる節のある人は気を付けてくださいね。
美しさや、妊娠力までマイナスになってしまいます。

さあ、あなたのNG習慣はいくつあてはまりますか?

◆NG習慣を見てみよう!!

NG・1 仕事などで疲れた体を放置!

疲れた体には、こまめなマッサージで血流をよくし、体をリラックスさせてあげましょう。むくみが生じたときは体に水分などの不必要なものがたまっている証拠。特に生理前は要注意。
空いた時間に、少し伸びをしたり、脚や手をこまめにマッサージしてあげましょう。疲れを放置すると代謝もどんどん下がり、女っぷりがマイナスに…

NG・2 煙草は要注意!

女性にとって喫煙は女性機能を低下させる恐れがあります。ニコチンは、子宮や卵巣への血流を減少させ萎縮させてしまいます。不妊の恐れもあります。
また、生理不順を引き起こす原因にもつながり、閉経の時期を早めるとも言われています。

NG習慣

NG・3 お風呂はシャワー!

血行が悪くなることが原因で起こってしまう不調に、めまい、むくみ、そして、PMS(月経前症候群)までも引き起こしてしまいます。ゆっくりお風呂につかって、心と体のメンテナンスを心がけましょう。寝る30分~1時間前に入ることが理想とされています。お風呂に入ることで良質の睡眠を得ることができます。

NG・4 飲酒が習慣!!

煙草同様に飲酒も依存性があるもの。「飲まずにはいられない」となるのは健康面、精神面においてもマイナスになります。週3日程度を目安に、ビールなら1日に中瓶1本程度を限度にお酒を楽しむようにしましょう。

NG・5 ベッドでのブルーライトにご用心!

PCやスマホに含まれるブルーライトを見続けると交感神経が発達し、脳が活性化したままになり、寝ているようで実は、起きているのと同じという状況を作ってしまいます。体が休まらないので、就寝の少し前にブルーライトから離れましょう。

NG・6 寝だめしたから大丈夫!

「寝だめ」なんて存在しません。体内の時差がずれて自律神経のバランスが崩れ、体調不調が起きます。起床時間は平日も休日も同様にしましょう。

病気ではないのに不調…と思うことがあったら、自分の生活にNG習慣があるかも・・・皆さんも生活習慣を見直してみましょう!