お気に入りのブーツを長く履き続ける秘訣とは??


ブーツのお手入れ

寒くなってきて、毎日のように履いているブーツ。正しいお手入れは出来ていますか?全て同じお手入れではなく、素材に合わせた正しいお手入れ方法で大切なブーツを長持ちさせましょう!

■一足は持っておきたい革ブーツ

1.買ってすぐにひと手間加える

革は水にとても弱いため、雨に濡れてしまう前の防水対策は絶対です!まず初めに防水保護スプレーをかけ、スプレーの浸透を待って布でからぶきします。これだけで水分の浸透率は変わってきます。

2.履いた後の汚れ落とし

1日履いてまとったほこりや砂などの汚れは、天然の毛ブラシで丁寧に落としましょう。その後はクリームを使ってつや出しをしてください。

■あったかムートンブーツ

1.欠かせない防汚対策

ムートンブーツは汚れやすいのが難点。シミが出来る前に、防汚スプレーを表面が軽く湿るくらいにかけてあげましょう。

2.毛並みを整える

表面の起毛が短いので、柔らかいブラシでブラッシングを。力を入れすぎると底の部分が剥げてしまうので優しく扱いましょう。

3.汚れたら手洗いで

ムートンブーツはブーツにしては珍しく手洗いが可能です。バケツなどに水を溜め、シャンプーとブーツを入れて洗います。泡をよく落としてから、陰干しをしましょう。

■デリケートなスエードブーツ

1.ブラッシングは専用のものを

素材が柔らかいスエードは起毛ブラシでは傷つけてしまいます。汚れを落として毛並みを揃えたい時は、毛の柔らかいブラシで丁寧にブラッシングしましょう。

2.シミを落とすコツ

気を付けていても汚れてしまった時には、スプレータイプのスエードクリーナーを使うと簡単にシミが落とせます。また、スエード素材を長持ちさせる秘訣として保革性のあるスプレーを適宜かけるとブーツに良いです。

基本のお手入れとしてクリームを塗ったり、ブーツキーパーを使ったり、少し工夫したお手入れをするだけでブーツは長持ちします。このブーツお気に入りなのにもう履けない・・・なんてことにならないように、日々のお手入れに気を遣いましょう♪