ヒートテック?ヒートファクト?各社の機能性あったかインナーを比べてみた!


インナー

ユニクロのヒートテックをはじめとする機能性インナーが、寒い冬の必須アイテムとなっていますよね!
素材や価格で様々な種類が出てますが、いったいどこの商品が一番良いのでしょうか?
今回はいくつかピックアップして比較してみたいと思います!
これからの防寒対策に役立ててください♪

■ユニクロ【ヒートテック】

やはり、ホットインナーブームを作ったユニクロのヒートテックはハズせません!
2003年に販売を開始したヒートテックは、10年で累計販売枚数が2億9900万枚にも及ぶモンスター商品!
日本中の人が2枚ずつ着ても余ってしまうほどの売れ行きです。皆さんも一枚は持っているのではないでしょうか??

◎機能

保温、発熱、抗菌、消臭などの従来の機能に、今年は保湿成分とムレにくくする新機能が追加されました。

◎価格

990~円

■イオントップバリュ【ヒートファクト】

イオンのブランド「トップバリュ」。定番のインナーTシャツをはじめ、靴下や下着などなどその種類は1000点を越えます!

◎機能

薄く、軽いのが最大の特徴。また、「スーパーマイクロアクリル」を採用したことにより、とても心地よい肌触り。

◎価格

980~円

■西友【エコヒート】

「エコヒート」は西友が独自に開発した秋冬向け機能性肌着。
本来は使用されずに廃棄される綿花の周りに生えている産毛を有効利用した素材「キュプラ」を使用しています。なので“エコ”ヒート。

◎機能

吸放湿性に非常に優れ、肌と衣服間の湿度をコントロールすることによって快適な温かさを保ちます。また身体の水分を吸収して発熱するレーヨンを加えており、着用時の体感温度は最大で4℃まで上がります。

◎価格

780~円

■ベルメゾン【ホットコット】

ホットコットの最大の特徴は棉を混合した素材だと言う事。
その肌触りや、また妊婦さん専用のマタニティーホットコットなどもあることから圧倒的に女性からの指示が高いです。

◎機能

ヒートテックなどの100%化学繊維の発熱ウェアと比べ、プラス1.7度も温度が上昇しました。また一度あたたまった後の温度の低下率もゆるやか。

◎価格

990~円

各社、機能と価格で勝負していますね!
定番のユニクロ ヒートテックから、軽さで勝負のイオン ヒートファクト、とにかく女性を意識したベルメゾン ホットコット。
この4つの他にも機能性インナーを出しているメーカーはたくさんあります。
寒くなるこれからの季節、あったかインナーを活用して快適な冬を送ってください♪