ツライ二日酔いを撃退!簡単予防法で怒涛の年末年始を乗り切る!

二日酔い

これからの季節、なにかとお酒の席が増えますよね。待ってました!とアフター5に燃える人も、ついつい飲み過ぎて次の日に響いてしまってはせっかくの楽しいお酒も後味が悪いもの。
そこで今回は、年末年始に向けての二日酔い対策を紹介したいと思います♪

■二日酔いはなぜ起こる?

まず、二日酔いが起こるメカニズムを知っておきましょう!

アルコールは肝臓で「アセトアルデヒド」という成分に分解され、その後酢酸、炭酸ガスと水に分解されていきます。このアセトアルデヒドという成分がまさに二日酔いの原因を作り出す要因。毒素成分が強いことで知られていて、なんと発がん性もあるとか。

つまりアルコールを適量以上飲まなければアルコールから発生したアセトアルデヒドが分解されるため二日酔いになることはないのです。が、アルコールの分解酵素が少なかったり、飲んだアルコールが多すぎたりすると処理しきれず、アセトアルデヒドが分解されず蓄積し、頭痛や吐き気を引き起こすことになります。それが翌日まで続くと、いわゆる「二日酔い」となるわけです。

■決め手はお水とビタミンC

適量を嗜んでいれば二日酔いとは無縁のハズ。しかし知りつつも「ついつい…」と夜が更けるに任せてしまうのが呑んべぇの性。
それでは楽しく飲んだ後、出来るだけ次の日のダメージを少なくさせるための方法をいくつか紹介したいと思います!

◎お水を小まめに!

「和らぎ水」といって、チェイサーのようにお酒を飲みながらも、その横に水のグラスを用意して小まめに水を飲んでください。
理想はお酒の倍の量くらいのお水を一緒に摂る事。
また、アルコールを飲んだ体は軽い脱水状態です。帰ってきて眠る前にも必ずお水を飲んでから寝るようにしましょう

◎ハイチオールCが効く?

ハイチオールCといえば美白やシミ対策として広く知られている医薬品。
ハイチオールCに含まれるビタミンCは肝臓機能を助けてくれるので、アルコールの分解を促進してくれます。
用法容量を守って正しく服用してください。

■あるジュースで二日酔い軽減?

それでも二日酔いになってしまった時、市販のエナジー系やウコンなどのドリンク剤を飲む人も多いと思いますが、そんな人に試して欲しいのが「スプライト」

中国にある中山大学の研究チーム二日酔いが生じる原因を調査し、またその症状緩和に効く飲み物を調べたところ、二日酔い時にスプライトを飲むと、アルコールの代謝スピードが速くなり、二日酔いの症状が生じる期間も短くなることが分かったそうなんです。
試してみる価値はあるかもしれませんね!

ちなみに麻の実で作られたハーブティーを飲むと、二日酔いの症状が長引いてしまうという結果も出たそうです。

いかがでしたか??
万全な二日酔い対策で今年の年末年始も楽しく乗り切りましょう♪