次世代のカラコン?瞳の色を永久的に変えられる最新技術!

次世代のカラコン

黒目を大きく見せたり、髪の色や服の色に合わせてカラコンで瞳の色を変えることは、もはやメイクの定番ともなってきましたね!
マスカラはしなくてもカラコンだけはハズせない!という人も多いのでは…?
そんな方たちに朗報です!
なんと、瞳の色を永久的に変えられる技術が編み出されたそうなんです!

■カラコンのトラブルとは?

カラコンが一般的になるにつれて、誰でも簡単に購入できるようになりましたよね。
しかしその反面、眼のトラブルも多く、その数は年増えているそうです。
ある会社が12年7月から3か月間、全国の眼科医を対象に調査を行ったところ、カラコンのトラブルで治療にきた約80%が購入時に眼科を受診しておらず、また消毒やこすり洗いといった正しいケアをしていなかった人も約36%もいたそうです。

■次世代カラコンは除去も可能!

そんな中、アメリカ・ニューヨークの医師によって、生まれたのが瞳の色を永久的に変えられる「人工虹彩移植」という技術。

この技術は、もともと医療用として開発されたものですが、最近では目の色を変えたいという人のために施されるようになっているそうです。

手術方法は、角膜に2.8mmほどの切れ目を入れ、好きな色の人工虹彩を挿入するという簡単なもの。手術時間も片目につきわずか15分ほどで、痛みもなく安全性も高いといわれています。また、虹彩が目に合わないなどの問題があれば、簡単に取り除くことができ、元の目の色に戻すこともできるそうです。

■日本ではまだまだ先の話

現在は、アメリカ国内の医療施設の他、インド、トルコ、メキシコなど、許可を受けた国でのみ可能な手術。
日本でこの手術を受けられるのは、しばらく先かもしれません。

ちなみに、アメリカで2010年に医療行為としてこの手術を受けた男性にかかった手術費用はおよそ8,000ドル。日本円にしてだいたい80万円しないくらいでしょうか。

日本にこの技術が来た際には、レーシックと同じように技術の向上や導入するクリニックが増えることによる価格ダウンに期待したいですね!