東洋と西洋の産物が融合した美容ギフト☆漢方アロマの謎に迫る♪

漢方アロマ

~漢方と漢方アロマ

アロマオイルは良く耳にする方は多いと思いますが、漢方アロマは皆さんご存知でしょうか?
まず、漢方という言葉から!
漢方という言葉は良く聞きますが、漢方は中国を中心に発達した中医学が日本に伝わり、医学として発展した総称を言います!
現在、日本では西洋医学が発展していますが、そんな今でもこの漢方が3000年の年月を越えて今なお、私たちの生活にあるということは、人間の生きていく上で大切なものが沢山つまっているからなのでしょうね!
この中医学と西洋のアロマセラピーを融合し、最新の科学技術によって開発された精油が、漢方アロマなんです!つまり、漢方に使われる薬草とアロマオイルに使われる植物の成分をミックスしてつくったものということになります!

~中国の思想と漢方アロマ

国には昔から、自然哲学「五行思想」があります。
「木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生ず」と。
これは人間の体の五臓六腑にもあてはまり、木=肝臓・胆嚢、火=心臓・小腸、土=膵臓・脾臓、胃、金=肺・大腸、水=腎臓・膀胱となっていて、互いに影響し合っているといわれています!漢方アロマは、この考えをベースにそれぞれの要素(経絡)に対応する精油が存在するというわけです!
漢方アロマは、経穴から体に入り、経絡を通って全身を巡ります!
身体に塗る漢方薬ということですね!
身体だけではなく、各経絡の流れもスムーズになり、身体も気持ちも整っていきます!
身体に溜まっていたもの、気・血・津液の流れがよくなります!
その結果、漢方アロマトリートメント後には、身体がしまったり、表情が明るくなったりと沢山の美容効果が期待できます!!
この冬、漢方アロマの香りと効果を試してみませんか?
深くリラックスでき落ち着く香りを生活の一部に是非♪