お手軽簡単!自分で出来る可愛い爪を長持ちさせるコツ♪


爪のお手入れ

仕事や学校があってジェルネイルが出来ないという方は、セルフネイルをされていると思います。しかし、自分で塗ってもすぐはがれるからとネイルを敬遠しがちになってしまう時はありませんか?セルフネイルを長持ちさせるコツを紹介します!

■まずは自爪の強化から

ネイルを塗る前に、一度自分の爪を見直してみましょう。薄い爪よりも厚い爪の方が、弾力があり割れたり欠けたりすることが少ないです。爪はその時々の健康状態を表すと言われますが、食生活に偏りがあると感じたら、なるべくタンパク質やカルシウムを摂るようにしましょう。また、肌と一緒で爪も乾燥に弱いです。空気が乾燥すると、爪の表面から水分が蒸発しもろくなってしまいます。肌と同じく乾燥から守るようにしましょう!

■セルフネイルの正しい方法

爪に油分が付いているとはがれる原因になります。ハンドクリームでお手入れした後に、すぐベースコートを塗るのはご法度です。手を洗ってから、爪の周りの溝や甘皮までコットンや綿棒を使って油分を拭き取りましょう。
ベースコートを塗る時は表面だけでなく、先端までしっかりと塗りましょう。ネイルは先端からはがれやすいので、あらかじめカバーしておくことが大切です。
マニキュアを塗るコツは薄く塗ることです。厚く塗ってしまうと、乾きが遅い上にはがれる原因になります!薄く塗ったら完全に乾くまで待ち、もう一度塗ります。
最後にトップコートは必須です。こちらも薄く、丁寧に塗ってください。トップコートは2日に1回塗り直すと、更に可愛い爪を長持ちさせることが出来ます。

いかがでしたか?自分で塗ったネイルを何週間もキープすることは難しく思われがちですが、正しい方法で塗ることで綺麗なネイルを長持ちさせることが出来ます!女子たるもの、常に美しい指先を意識したいですね。