美容や健康のための「水を1日2リットル」は大きな間違い!?


むくみ対策

水をたくさん飲むと体内の毒素が排出され、代謝が上がるという話は有名ですよね。ダイエットや美肌のために1日水を最低2リットル飲むことを、毎日実践している方も少なくはないと思います。しかしそれは間違っていたのです!水を飲みすぎることで起こる弊害をしっかり理解しましょう。

■危険な水毒とは?

体の水分がうまく出ていかずに起こる症状を「水毒」と言います。例として、冷え・頭痛・アトピー・疲労感などが挙げられます。水が体に溜まると胃腸が冷え、リンパの流れが悪くなり代謝が落ちてしまいます。それだけではなく、体内の血流の巡りが悪くなることで新しい細胞を作り出すことが出来ず、女性の大敵であるシミやそばかすを作ってしまう原因にもなるのです!

■今すぐ出来る脚のむくみ対策

むくみも水毒の一つであり、その原因は水分の取り過ぎだと思われがちですよね。しかし、水分が足りなくても脚はむくんでしまいます。短時間で沢山の水分を取っていると、体内で水分調整が上手く出来なくなりむくみに繋がります。一度に大量に飲むのではなく、数回に分けて飲む方が効果的です。

■正しい水の飲み方

水を飲むことが良くないことではありません。ただたくさん飲むのではなく、少し工夫してみましょう。今まで効果が実感出来ずに、何となく飲んでいる方は冷水ではなく常温水に置き換えてみてください。これからの季節は白湯でも効果的ですね。また、毎日短時間でも運動することが大事です。飲んだら体を動かして、水分を排出しましょう。胃腸も温まり、リンパの流れもスムーズになります。

今まで常識としてとらえられていた「水を1日2リットル」ですが、今一度正しい知識を身に着けて自分にあった水分量を取るようにしましょう。