つぶしてもいいニキビって??知られていなかった対処法!


ニキビ

いくつになっても女性の大敵であるニキビ。いつの間にか知らないところに出来ては私たちを悩ませますよね。ニキビが気になって触ってしまい、自分でつぶしたことはありませんか?痕が残ってしまったり、菌が繁殖したりするため、ニキビをつぶすのはNGとされています。しかし、実はニキビによってはつぶした方が早く治るとされるものがあるのです!ここではニキビの種類に応じた対処法を紹介します。

■つぶしていいニキビ

肌の表面がプツっと膨らんでできる白色のニキビを、「白ニキビ」と言います。これはまだ炎症を起こす前の比較的初期のニキビです。そのまま放置して悪化してしまうと、後々ニキビ跡として残ってしまうので、この「白ニキビ」は早めにつぶした方が良いのです。

■自宅での対処法

あまりにも炎症がひどい時には皮膚科へ行く方が確実ですが、あくまでも初期段階ならば自分で治すことができます。初めに、ニキビが出来てしまったと思ったらすぐにつぶすのではなく、3日~4日待ちましょう。そして先が細い毛抜きで白ニキビの先端をつまんで抜き取ってください。この時力を入れすぎると、お肌を傷つけてしまうので注意してください。抜き取ったら、消毒液を含ませたガーゼで患部をしっかり消毒し、抗生剤の入った軟膏を塗りましょう。

■「赤ニキビ」は触ってはいけません!

「白ニキビ」が初期段階であるのに対し、「赤ニキビ」は炎症を起こしてしまい皮膚組織が半分壊れかかっている状態です。この段階でつぶしてしまうと、皮膚の損傷が修復されないため、痕になって残ってしまいます。
赤ニキビの対象法としては、刺激の少ない洗顔料や化粧水を使って炎症をすばやく抑えることが必要です。そして自分の肌に合った治療薬を塗り、なるべく患部に髪の毛が当たらないように生活しましょう。

常にニキビが出来ないような生活を送りたいものですが、なかなかそうはいかないですよね。でも、出来てしまった後にそのニキビに合った対処法をすれば早く治すことができます。正しいスキンケアで綺麗な素肌を取り戻しましょう!