ビタミンCが豊富に含まれた、ある花の地下茎とは??


根野菜は冬が旬です。中でもインドが原産地で、中国を通って仏教とともに渡来し、日本でも古くから親しまれている「蓮」の地下茎である「レンコン」には、美容・健康効果がたっぷり含まれています。そこで今回は、レンコンが身体にもたらしてくれる効果についてご紹介します。

 

レンコン

 

■ビタミンCの量はレモンに匹敵

≪レンコンに含まれる主な栄養成分≫
・食物繊維
・鉄分
・ビタミンC
・鉄分
・タンニン
・カルシウム
・ムチン

レンコンの主成分はデンプンです。そのため、豊富に含むビタミンCやビタミンB群が熱に壊されず、体の免疫力アップや疲労回復効果をもたらしてくれます。ビタミンCといえば、コラーゲンの生成を促してくれる成分として有名ですよね。メラニン色素の沈着を防ぎ、シミやソバカスから肌を守ってくれます。肌の調子を整えるためには、毎日摂取しておきたい成分です。
また、レンコンに含まれるムチンというタンパク質には、粘膜を潤わせ、肌を保湿してくれる効果があります。食物繊維もたっぷり含んでおり、便秘解消にもつながります。

 

■風邪を引いた時に食べると良い

レンコンがもたらしてくれる効果には、美容以外にも
・胃潰瘍予防
・貧血改善
・腸の働きを活発化
・便秘改善
・高血圧予防
・老化防止
などが挙げられます。

とくに「タンニン」という成分には、消炎作用や止血作用があります。そのため、風邪を引いた時には咳や痰を抑えたり、胃腸の調子を整えるといった効果をもたらします。また、野菜として珍しくビタミンB1、ビタミンB2を含んでおり、貧血予防や肝臓の働きを助ける効能があります。カリウム、カルシウム、鉄、銅などのミネラルも含まれているので、日頃から摂取するようにしたいですね。

 

■おいしいレンコンの選び方

レンコンは1年を通してスーパーなどで手に入りますが、旬は秋~冬、つまり今がちょうど食べ頃です。

≪おいしいレンコンを選ぶ際のポイント≫
●丸みがあり、まっすぐな形をしたもの
●薄い茶色(白くてきれいなものは漂白されている場合があるため)
●切り口の穴が小さいもの

保存する際は、空気に触れないようにラップで包んで冷蔵庫で保管します。黒ずみを防ぐために、酢水にさらすと良いでしょう。

 

いかがでしたか?レンコンを食べて、肌や体の調子を整えましょう♪