きれいになるどころか“汚化粧”に!?コンシーラーの使い方に注意!


自分では完璧にメイクをしたと思っていても、コンシーラーを塗った部分が滲んでしまったり、そこだけ色が浮いてしまって周囲の人をドン引きさせてしまっていませんか?今回は、コンシーラーの正しい選び方や使用法についてご紹介します。

 

コンシーラー

 

■目的によって使い分ける

コンシーラーは顔にあるシミやニキビ跡、クマなどを目立たないように消してくれるアイテムです。

【どのタイプを使えばいいの??】
コンシーラーは、タイプによってカバー力が異なります。

●カバー力第1位・・・スティックタイプ

シミやそばかすなどが目立つ場所にピンポイントで使うとよいでしょう。目元は乾燥しやすいので適していません。

●カバー力第2位・・・クリームタイプ

ニキビやニキビ跡を消すのに適しています。保湿効果も含んでいるため、目の下のクマをカバーするのにも使えます。

●カバー力第3位・・・リキッドタイプ

肌がくすんでいる場所に薄くのばしましょう。

 

【どの色を使えばいいの??】
コンシーラーの色は、ファンデーションより明るめのものを選ぶのが基本です。ただし、使いたい目的によって使うべき色が異なります。

≪シミを消したい場合≫

ファンデーションと同色、または少し暗めの色を選びましょう。明るい色を用いると、かえってコンシーラーが浮いてしまいます。

≪くすみを消したい場合≫

ハイライト効果があるコンシーラーを選びましょう。肌が白い人はピンク系、肌が小麦色の人はオークル系、顔全体がくすんでいる人はパール系のものをおすすめします。

≪クマを消したい場合≫

クマを消したい場合は、クマの種類によって色の選び方が異なります。
『青クマ』・・・喫煙や寝不足、疲労、血行不良などが原因
⇒オレンジ系色

『茶クマ』・・・濃いアイメイクが原因で起こった色素沈着や加齢によるもの
⇒イエロー系色

 

■コンシーラーはいつ塗ればいいの??

コンシーラーを塗るタイミングは、ファンデーションのタイプによって異なります。
パウダータイプのファンデーションを使っている場合は、ファンデーションの「前」に、リキッドやクリームタイプのファンデーションを使っている場合は、ファンデーションの「後」にコンシーラーを塗りましょう。

シミやニキビ跡を消したい気持ちはわかりますが、厚塗りは厳禁です。指やリップブラシなどで、ムラにならないようポンポンと軽く叩きながら馴染ませましょう。

 

いかがでしたか?
ベースメイクはメイクの基本です。コンシーラーを上手に使って、美しい肌に仕上げてくださいね。