指先の血行を良くするだけで、体全体がじんわりポッカポッカ!!


指先をちょっと切ってしまっただけで、たくさん出血してしまったという経験をした方は多いのではないでしょうか?それは、指先は、動脈から静脈へと血管が切り替わるポイントだからです。そのため、指先の血流が滞ってしまうと、全身の血の循環が悪くなり冷たくなってしまう、いわゆる「冷え症」になってしまいます。
指先に、刺激を与えてあげて、全身をホッと、ゆるめてあげると全身の血液の循環が良くなります。

ポッカポッカ

◆指先の血流が良くなると…何が起きるの?

指先の血流が良くなることで、心臓に戻る血液の量が増えます。これにより、全身の血行が良くなるのです。
特に激しい運動をしなくても、指先へ少し刺激を与えてあげると、体がじんわりと温まってきます。
また、女性にありがちな、頭痛、肩こりやだるさも改善されていきます。

◆2つの指先マッサージをやってみよう!!

*1・指組マッサージ

両手の指先を内側にして、第1関節までを合わせるようにして指を組みます。指を組み合わせたまま、手の平を合わせたり、開いたりをゆっくり約30秒程度繰り返してください。
徐々に体が温まってきます。

*2・指はさみマッサージ

①左親指と人差し指で、右人差し指の爪の両脇を軽くはさみます。
②柔らかいものを優しく押すようなイメージで、数回押し、刺激を与えます。そして、そのままで、右親指で右人差し指の腹を数回押しましょう。
(注意:強く押さないように気をつけましょう。)
③3回程度マッサージしたら、ほかの指、反対側の手も同様に実行しましょう。

あっという間に血流が良くなり、ゆっくり、じんわり、全身が温まってくるのがわかります。

とても簡単なマッサージなので、お友達とお茶をしているときや、テレビを見ているときなど、隙間時間を使ってお手軽に体を温められます。
末端冷え症のかたは、習慣にしてみることをおすすめします。