寒い冬の夜にはアレンジティーで心と体にぬくもりを。


紅茶には心を優しく落ち着けてくれる作用があります。カフェインが入っていても適量であれば決して眠れなくなることはないのでご安心を。

寒い夜には、お仕事などで疲れた体と心を、あったかい紅茶をゆっくり飲んで癒してあげてくださいね。優しい眠りにつけるでしょう。

アレンジティー

◆紅茶の3大成分!!

①カフェイン

適量のカフェインを摂ることで集中力や興奮作用を高める働きがあります。利尿作用、新陳代謝や血の巡りを促進し、疲労回復の作用に効果的といわれています。

②タンニン

渋みの一種「タンニン」は、美容に重要なカテキンとポリフェノールが豊富です。タンニンに含まれるポリフェノールの一種が「紅茶フラボノイド」です。細胞を酸化させ様々な病気の原因となる活性酸素を抑える抗酸物質として最近注目されています。

③テアニン

紅茶の甘味とうまみの成分になります。タンパク質の中のアミノ酸の1つです。精神を落ち着かせ、血圧を下げる作用があります。ストレスを緩和し、リラックス効果が大きいといわれています。

◆ロシアンティー 

*ホットティーを入れる際は、使うカップを湯通ししておきましょう
 (湯通し- カップを先にお湯を注いで温めておくこと。)

材料(2人分)
・茶葉(ニルギリ、ジャワ、ディンブラなどがおすすめ)  ティースプーン2杯
・熱湯   300cc
・ジャム  適量
・ウォッカ 適量

①温かいポットに茶葉を入れ熱湯を注ぎ、約3分蒸らします。
②紅茶を蒸らしている間に、ジャムとウォッカを混ぜ別の小皿に入れておく。(ウォッカは入れなくても良い)
③紅茶が蒸し終わったら、温めたカップに注ぎます。
④ウォッカジャムは紅茶に入れて溶かして飲んでも良いですし、適量のジャムを先に口に入れてから紅茶を飲んでもおいしくいただけます。

ロシアンティーは紅茶の香りとジャムの甘酸っぱさが絶妙です。1日の疲れもとり、幸せな眠りにつけるでしょう。「良い眠り」は美を育むための第一条件です。