たった一つの動作が周りの人を幻滅させる!やってはいけないお箸の使い方

とても美人な女性や、クールでかっこいい男性が変な箸の持ち方をしていたり、マナー違反をしている姿を見て、幻滅してしまったことはありませんか?あなたも気づかないうちに他人に不快な思いをさせているかも!そこで今回は、やってはいけないお箸の使い方についてご紹介します。

 

箸

 

~やってしまいがちな「嫌い箸」~

■移り箸

いったん取りかけてから他の料理に箸を移す。

■移し箸

箸から箸へ料理を移動させること。火葬した後の遺骨を拾う時を連想させる。

■押し込み箸

口の中へ食べ物を押し込むこと。

■掻き箸

箸で頭などをかく。不衛生で危険。

■かきこみ箸

お茶碗を口に当てて箸で中のものをかきこんで食べる。

■重ね箸

一つのおかずばかり次々と続けて食べる。

■噛み箸

箸の先をかむ。

■探り箸

器の中の方の食べ物を探りながら、料理をより分ける。

■刺し箸

料理に箸を刺して食べる。

■指し箸

食事中に箸で人を指すこと。

■空箸

食べようとしたものを食べずに元に戻すこと。

■叩き箸

ご飯を頼むときに茶碗をたたいて頼む。

■立て箸

死者の枕元に供える枕ご飯に箸を突き刺してたてるため、仏事を連想させる。

■違い箸

異質の箸を一対にして使う。

■ちぎり箸

箸をナイフとフォークのようにして使う。

■涙箸

箸の先から食べ物の汁などをポタポタ落とすこと。

■握り箸

箸を握りしめて持つ持ち方。

■ねぶり箸

箸を口に入れてなめる。

■二人箸

食器の上で二人一緒に料理を挟む。

■振り上げ箸

箸を持ったまま、動作つきの会話をする。

■迷い箸

料理を取るのに迷って、箸をあちこち動かす。

■もぎ箸

箸についたご飯粒などを口で取る。

■持ち箸

箸を持った手で器を取る。

■寄せ箸

箸を器に引っかけ、器を手前に引き寄せる。

~その他に気を付けるべきマナー~

○箸先3cm以上は汚さない

先端の方だけを使って食べるようにしましょう。

○食べ終わるまでは食器の上に箸を置かない

茶碗やお椀の上に置いたり、箸先をお皿に乗せるのは「もう食事が終わった」というサインになります。食事の途中であれば、箸置きや箸袋の上に置きましょう。

○ご飯の上におかずをのせない

よくやってしまいがちな「ご飯の上におかずや漬物をのせる」という行為も実はマナー違反です。

いかがでしたか?小さい頃に親から習ったマナーは身についていても、マナー違反と知らずに長年やってしまっていた行為は、癖になってしまっていてなかなか直せません。
当てはまるものがあった方は、これから食事をする際に注意してみてください!