流行に合わせるよりも、自分に似合うものが一番!適切な口紅の色の選び方

最近ではアイメイクやチークを薄くして、真っ赤な口紅をつけるスタイルが定番となっています。しかし、好きなモデルさんや友人を真似て試してみると、あんまり似合ってない!?なんてことが起きたりするものです。流行を追うことも大事ですが、やはり一番は自分に合っていること。今回は、口紅の色の選び方についてご紹介します。

 

口紅の色の選び方

 

■判断基準は肌の色

似合わない色の口紅をつけてしまうと、妙に唇だけ浮いてしまったり、顔色が悪く見えてしまったりします。それではせっかくのメイクが台無しです。しかし、何色が自分に合うのかなんて、実際に付けてみないとよくわからないですよね。だからといって、全色買い揃えるわけにもいきません。そこで、肌の色から自分に合う口紅の色を判断しましょう。

~黄味がかった肌色~

日本人の標準的な肌の色である、黄味がかった肌色をしている方は、ゴールドやオレンジ系が似合います。サーモンピンクなどのオレンジがかった色を選ぶと、よく肌に馴染むでしょう。

~小麦色の肌色~

小麦色の肌の方は、オレンジ系やブラウン系が似合います。小麦色の肌の色に馴染みやすく、キレイに発色してくれるでしょう。ピンク系やローズ系は、唇だけが浮いてしまうので避けた方が無難です。

~白系の肌色~

色白の方は、淡い色を選んでしまうと肌色が悪く見えてしまうため、明るめの色がおすすめです。明るいローズ系やパウダーピンク系の色が良いでしょう。白い肌に映え、唇の存在感が増します。あまり唇を目立たせたくないという方は、パウダーピンクなどのような優しい色のものを使うと良いでしょう。

 

■チークを唇に!?驚きの代用術

「流行に合わせて買ってはみたものの、自分に似合わずお蔵入りとなってしまった」というチークはお持ちですか?そのチーク、唇用として再利用できるのです!

【チークを使った唇メイク術】

1.メイク前に十分な保湿
本来チークは肌用で、唇に塗るものではありません。リップバームでしっかり保湿をしましょう。

2.唇の色味を消す
パウダリーファンデーションで元の唇の色味を消しましょう。パフで軽く押さえるくらいでOKです。

3.口紅を指づけ
口紅を指にとってポンポンと軽くつけましょう。

4.チークを唇に
口紅をのせた上から、パウダーチークをブラシでふんわりのせましょう。このテクニックは、プロのヘアメイクさんも使っています。唇をテカテカさせすぎず、マットで自然な仕上がりに!

 

いかがでしたか?自分に合った口紅を見つけて、メイクを楽しみましょう♪