BBクリームのBBって何?進化し続けるクリームの行方

001

韓国の女優がブログにアップしたことで一気にブームになったBBクリームですが、今では日本でもすっかり浸透しましたね。
そのBBクリームのBBは一体どういう意味でしょうか?
また最近ではBBクリームのみならず、CCクリーム、DDクリームまで誕生しています。
今日はそれぞれについてご紹介したいと思います。

■BBクリームのBBって何?

BBとは「Blemish(気になる部分)Balm(バーム・香油)」の略になります。
もともとは、レーザー治療など美容施術後の肌の炎症を抑え、紫外線から肌を守ったり、傷あとをカバーするために作られました。
スキンケア、UVカット効果、ファンデーション同様のカバー力がオールインワンになった、肌に優しく、気になる部分をカバーしてくれるベースクリームです。
シミやそばかす、赤みなどもカバーでき、「塗った」感のあるマットな仕上がりになります。

■CCとBBクリームの違い

CCクリームのCCとは、「Color Control」もしくは「Color Correction(補正・調整)」の略で、BBクリームの進化系ともいわれています。
CCクリームの最大の特徴は、色補正で肌の欠点をカモフラージュして、肌全体をトーンアップさせるということ。
そしてBBと同様、肌を潤わせ、滑らかにし、シワを防ぐなどのスキンケア効果もあります。色補正効果が高いため、BBクリームほどのカバー力はなく、ナチュラルな肌に仕上がります。
休日や彼の家にお泊まりの日など、「すっぴんはイヤだけどキレイな肌に見せたい」というときにも良さそうですね。

BBクリームが肌の欠点をしっかりとカバーするのに対して、CCクリームは肌の欠点を色補正でカモフラージュする、という点で違いがあります。

■さらなる進化系DDクリームとは?

DDクリームのDDとは、「Dynamic Do-all(革新的オールインワン)」もしくは「Daily Defence」の略になります。
BBクリームの保湿力、下地効果、カバー力をパワーアップさせたものといわれており、さらにそこにアンチエイジング成分が加わり、継続して使うことでシワや毛穴が目立たなくなっていくのだとか……!
保湿、下地、カバー力、そしてアンチエイジング効果も含んだ次世代処方のDDクリーム。日本ではまだ広まっていないようですが、これからの動向に大注目ですね。

DDクリームの次はEEクリームが出てくるのでしょうか??