もっとイタリアンが好きになる★あのイタリアン食材にこんなにすごい美容効果が!?


ルッコラ

ルッコラは、イタリアでは一般的な食材ですね!
イタリアンレストランにいくと、ルッコラが焼きたてのピザにのっていたり、パスタに添えられていたり、サラダとしてでてきたり、いつも身近な存在ですね!
ルッコラは、ピリッとした辛みが特徴のハーブです!
葉の形は、大根に似ていて、生の葉に辛みと香りがあります!
ルッコラはイタリア語で、和名ではキバナスズシロと言われています!
ルッコラは、葉を食べるイメージがありますが、インドでは種子から採った油をピクルスに使用したりもするそうです!
また、種子を砕いてハーブティーとしても飲まれているそうです!

~ルッコラの歴史と旬

ルッコラは、地中海沿岸が原産とされています。古代ギリシャや古代ローマ時代には、既に、食用ハーブとして栽培されていたそうです!古代エジプトでは、世界3代美女のひとりである、クレオパトラが美しさを保つために、ルッコラを好んで食べたといわれているくらい!日本では、イタリアン料理が一般的広がるとともに、ルッコラも広まっていきました!
ルッコラは、地中海性の温暖な気候に適したハーブなので、日本での美味しい旬の時期は、地中海沿岸の気候に近い春と秋と考えられます!

~ルッコラの特徴と栄養素

ルッコラのピリッとした辛みの素は、山葵、からし、大根にも含まれる刺激成分のアリルイソチオシアネートといわれるものです。栽培方法や土地の土壌によっても辛みが大幅に違ってきます!そして、アリルイソチオシアネートは強い抗酸化力・殺菌力を持ち備えています!
そして、ルッコラは栄養価の高い緑黄色野菜でもあるので、β-カロテンを初めビタミンEやビタミンKを豊富に含んでいます!β-カロチンは、活性酸素の発生を抑制してガン予防も期待できる野菜なのです!
そして、ビタミンCがとても豊富に含まれていて、ほうれん草の2倍~4倍にもなるそうです!多く含まれている葉の部分には、血液を浄化する働きや、利尿作用、胃のむかつきを抑える作用などがあります!さらに、鉄分はモロヘイヤと同等に含んでいます!
そして、カルシウム含有量は、ピーマンの約15倍もあります。身体をしっかり支え、心臓や脳を保護する役割があるため欠かせない成分です!また、体の解毒機能を強化するといわれているグルコシノレートも含んでいます。

~まとめ
こんなに美容&健康効果たっぷりのルッコラ♪
イタリアンレストランで、そして普段の生活にも是非摂りいれてみましょう!!