いま流行のハーフ顔風メイクで憧れのローラ顔に!!

ここ最近、テレビや雑誌ではベッキーさんやローラさん、トリンドル玲奈さんといったようなハーフの芸能人やモデルさんが目立つようになりました。今回は、誰でもハーフ顔が作れるメイクのコツをご紹介します。

 

なりきりメイク

 

■ポイント1.目尻につけまを重ね付け

ハーフ顔メイクと言っても、大げさに陰影をつけたり濃いグラデーションを施すのでは、ただケバくなってしまうだけです。そこで、カラーライナーを使って簡単にハーフ顔を演出しましょう。

上目尻に使うことが多い赤系のアイライナーを、下まぶたに入れましょう。赤系と言っても真っ赤ではなく、ブラウンやパープル系の入った色を、下まぶたの目頭と目尻以外の部分に引きます。すると、目の中心部分だけが強調され、カラコンを入れなくてもある程度は外国人のような目が出来上がります。

そしてハーフ顔のモデルさんが実際にやっている「つけま重ね付け」をやってみましょう。
まず、シンプルなつけまつげを上まつげ全体につけます。そして別のつけまつげをカットし、装着済みのつけまつげの目尻部分に重ね付けします。このようにすることで、ローラさんのように横長で大きな目を作ることができます。下まつげも上まつげのインパクトに負けないよう、下まつげ用のつけまつげを使うか、しっかりとマスカラを塗りましょう。

 

■ポイント2.アイシャドウでタレ目を作る

ベッキーさんのように目力があり、愛されるタレ目の作り方をご紹介します。
① ブラウンやゴールド系のアイシャドウを選ぶ
② アイホールに、ゴールドや明るめのブラウンをのせる
③ 二重幅に濃いブラウンを入れ、グラデーションを作る(目尻にかけて濃くしていく)
④ ブラウン系のアイシャドウを使ってアイラインを少しぼかし、よりキレイなタレ目を作る

 

■ポイント3.眉と目の距離を縮める

実は、ハーフ顔メイクで最も重要なパーツが眉毛です。外国人の顔は、彫りが深くて立体的なため、眉毛と目の距離が近く見えます。一方、日本人の骨格は平坦で、どうしても薄い顔になってしまいがちです。眉毛のポイントを押さえて、一気にハーフ顔に近づきましょう。

まずは眉頭を下に書き足し、眉と目の距離を縮めます。そして眉頭から黒目の上あたりまで、眉下部分を描き足していきます。この時、ブラシを使って眉尻側から眉頭に向かって、パウダーで毛を1本ずつ書くようにしましょう。眉毛の下から上に向かって薄くなっていくようなグラデーションを作ると、より眉毛が下がって見えます。
もとの眉より2~3ミリ下がるくらいがベストです。濃くはっきり描き過ぎないように気をつけましょう。

仕上げに眉マスカラを使います。髪色に合わせ、ティッシュを使って付けすぎないように気をつけながら、丁寧にマスカラを付けましょう。

 

いかがでしたか?このメイク術で憧れのハーフ顔を手に入れたら、周りの人を驚かせられること間違いなしです!