あなたの“イライラ”“クヨクヨ”「リフレーミング」で心軽く♪


リフレーミング

人の言動にどうしてもイライラしてしまう時はありませんか?特に生理前は感情の制御がきかず、毎回彼と喧嘩してしまうなんて人も少なくないのでは?
また普段の生活でも、怒りっぽくていつもイライラしている人。自覚があるだけましです、自分は意識していないのに、周りからは「あの人はいつも怒っている」なんて思われているかも…。
出来れば、イライラのない爽やかな毎日を送りたいものですよね。
そこで今回は、マイナスな感情を上手に解消する方法を紹介したいと思います!

■発想の転換が大切なのです

皆さんは「リフレーミング」という言葉を聞いたことがありますか?
リフレーミングとは心理学において、“物事に対する考え方を変える”という意味があります。
“物は考えよう”という言葉があるように、私たちを構成している様々な考え方や認識や視点の“枠組み”を変えることによりマイナスの感情をプラスにしていこうというもの。

例えば、目の前に半分の水が入ったコップがあります。これを見てある人は「半分も水がある」と考えました。ところが別の人は「半分しか水がない」と考えました。
この場合、前者は気分がポジティブになりますが後者は気分がネガティブになってしまいますよね。
同じ「半分の水が入ったコップ」を眺めても、それをどのように受け取るかによって、気持ちは180度違うものになるのです。

■リフレーミングで心軽く♪

このように、様々な出来事に対していつもなら怒りや悲しみの感情が先行してしまうところをグッと踏みとどまってリフレーミングしてみましょう。

例えば、駅ですれ違いざまにぶつかってきた人がいたら、非常識な人だと腹を立てず、「もしかしたら大切な会議に遅れそうになっているのかも…家族が急病で病院に向かう途中なのかも…等々、なんでも良いのです。

怒ったり、悲しんだりすることは時にとても大事ですが、その感情に振り回されすぎるのはとても不自由ですよね。
それならば少し視点を変えて、気持ちをプラスに切り替えてみましょう!
きっと毎日が今よりももっと明るく、楽しくなることでしょう♪