話題沸騰!「サバ缶ダイエット」の秘密は“痩せホルモン”にあった!

サバ缶ダイエット

テレビ番組で紹介されたこともあって話題になっているのが「サバ缶ダイエット」
放送されるやいなや、スーパーからサバ缶が飛ぶように売れたそうです。
ネット上でも、「近所のスーパーからサバ缶が消えた!」と話題になりました。
では、それほどまでに反響を生んだサバ缶ダイエットの効果とはどれほどのものなのでしょうか?今回はサバ缶で痩せるその仕組みを詳しくお話したいと思います!

■「痩せホルモン」とは

番組では肥満治療の第一人者とされる大学教授が登場し、サバを食べれば「痩せるホルモン」が出る可能性があると説明を行なったそうです。

青魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)という成分を摂ることによって、小腸から「GLP-1」というホルモンが分泌されます。これがいわゆる「痩せるホルモン」
GLP-1は、もともと私たちの体内にある物質ですが、満腹感を高め、食欲を抑える作用などがあることがわかっています。そしてこのGLP-1は肥満の人には少ないといわれています。

この痩せホルモンGLP-1を作るEPAをたくさん摂取すれば太りにくい体質になれるそうなのですが、EPAは必須脂肪酸で、体内で勝手につくられることはないのです。
そのため、食べものからとらなくてはいけません。

■食事はバランスが大切です!

EPAは何もサバにだけ含まれている訳ではなく、マグロ・イワシ・ブリ・サンマ・アユなど他の青魚にも多く含まれています。

先にも少し触れたように、EPAは必要以上の食べ過ぎを抑えて、糖分が腸で緩やかに吸収される働きを持ちます。
つまり脂肪の燃焼を促進したり、基礎代謝を上げたりと直接ダイエットに繋がるというわけではないことをしっかり覚えておきましょう。

これまでにも、納豆やバナナなど、テレビ番組で放映されたことがきっかけのダイエットブームは何度も起きていますよね。
しかしそれぞれにそれなりの効果があるとはいえ、一生その食材を大量に食べ続けるわけにはいかないですし、効果には個人差があるのがこの○○ダイエットなのかもしれませんね。

毎日の食事にサバを始めとする青魚を効果的に取り入れて、バランスに気を付けながら健康的にダイエットを進めたいものですね♪