食事前の写真鑑賞で痩せる??脳をコントロールする最新ダイエット法が登場!


最新ダイエット

なんと新たなダイエット法として最近、“写真を見ただけでダイエット効果が得られる”という画期的な方法が発表されたんです・・・!
そんなことあるの??と、どうにも信じがたいその話の真相を徹底解明します!

■2種類の写真を使った実験

アメリカにあるブリガムヤング大学が232人を対象に食べ物の写真を見た時にどのような反応をするか、という実験調査を行いました。

その実験とは、被験者を「塩分が効いた食べ物を見るグループ」と「甘い食べ物を見るグループ」に分け、スマホ上のアプリを使ってそれぞれたくさんの料理の写真を見せます。
そして写真を見終えた段階で、全員にピーナッツを配るというもの。

その結果、塩味の食べ物を見ていたグループは、ピーナッツ自体の写真は見なかったにも関わらず、ピーナッツに興味を示さなかったのです。

■実際は食べていないのに?

この実験からわかることは、実際には食べなくても食べ物の写真を見るだけで、その食べ物に対する欲求が抑えられるということ。
その理由として研究者は「写真を見て、無意識に味を想像することで疲れて、食べたいという欲望がなくなってしまったことが原因だと思われる」との見解を示しています。

つまり、塩味の料理写真を数多く見ることにより、塩を味わった感じがしてしまって実際に口には入れていないのに、感覚的には充分であると判断したんですね。

■脳をコントロールして痩せる

実際この実験がダイエットに活用できるかどうかは別としても、脳をコントロールするダイエットを提唱している専門家は多いんです。
例えば、人間がもつ“寒色系をみると食欲が低減する”という性質を利用した青色ダイエットや、満腹中枢に刺激を与えることで食べる量を減らす咀嚼ダイエット等々。

脳をコントロールできれば、無理のないダイエットが可能ですよね!
しかし、研究者いわく「今回の実験の効果が現れるのは相当数の写真を見たあとのことで、少なくとも60枚程度の写真を見なければなりません。」と語っています。

ダイエット中の方は、食事の前に60枚の塩味の効いた食べ物の写真を見てみるのもいいかもしれませんね♪