人気は継続!カッコ可愛い「グランジファッション」着こなし術!


グランジファッション

春夏から引き続き人気なのが「グランジファッション」。
着くずした重ね着などが特徴の1990年代前半に流行した音楽ジャンル「グランジ・ロック」から派生したファッション。
もともとグランジー(grungy:薄汚れた)が語源になっていて、そのスタイルは例えて言うならばお金のない若者のファッションという感じでしょうか。

その90年代のブームが再び2013年の日本に蘇っています!
今回はこのグランジファッションについて詳しくお話します!

■グランジファッションの先駆者

1990年代前半に流行したグランジ・ロック。
グランジ・ロックとは、へヴィメタル、USハードコアの流れを組む音楽で、シアトル出身のバンドNirvana(ニルヴァーナ)はその代表的なバンドでした。
そのニルヴァーナのヴォーカル、カート・コバーンらのしていた普段着やぼろぼろの古着等のファッションを、マスコミが取り上げ大流行したのがグランジファッションです。

当時、数々のハイブランドが1980年代の高級志向へのアンチテーゼとして、わざと色あせをさせたり、ぼろぼろにほつれさせたりして手間ひまかけて古着風に仕上げるという今までの価値観とは相反する作品を打ち出しました。

■基本アイテムを押さえよう!

◎チェックのネルシャツ

◎ダメージジーンズ

◎編み上げブーツ

◎カーディガン

◎ROCK Tシャツ

◎小花柄アイテム

こういったものがグランジの基本装備です。

■グランジ着こなし術!

いくらラフなグランジファッションでも、バランスを間違えると本当に薄汚い印象になってしまうので注意が必要です
普段のファッションにMIXするというのが、失敗しないコツ。
キレイめなワンピースを古着のカーディガンやシャツに合わせたり、エレガントなジャケットにダメージデニムやロックROCK Tシャツを合わせるなど。
俗にいう「外し」がポイントになってきます。

皆さんもグランジファッションを上手に取り入れてみてくださいね!