大人ニキビの原因は「ブスホルモン」にあった?!メカニズムを知って完全撃退!


大人ニキビ

大人になってからできる、いわゆる“大人ニキビ”に困った経験をもつ方も多いのでは??
顔のニキビはメイクの妨げになったり、また逆に隠そうとコンシーラーやファンデを何度も重ね塗りして事態が悪化してしまったなんてことも・・・

実は思春期の頃とは違い、大人になってからのニキビにはホルモンが大きく関係しているんです!
今回は、大人ニキビと女性ホルモンについて詳しくお話したいと思います。

■大人ニキビの原因とは?

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つのホルモンがあります。
エストロゲンは女性を美しく保つのに重要な役割を果たします、皆さんも耳にする機会があるのではないでしょうか??
いっぽうのプロゲステロンは「ブスホルモン」とも呼ばれ、皮脂量を増やしたりシミの原因のメラニン色素の生成を活発にしたり、またむくみやほてりも招きます。いわゆる生理前のような不安定な状態を作るのがこのプロゲステロン。

ニキビの話に戻ります
このプロゲステロンは男性ホルモンと似た働きをするのですが、男性ホルモンは皮脂を多く分泌する働きをします。ニキビは古い角質と皮脂が混ざり合って毛穴に詰まってしまったり、皮脂の量が過剰になってしまう事が原因となって出来ます。

そのため男性ホルモンと似た働きをするプロゲステロンが増えるとニキビができるのです。

■ホルモンを安定させるために

とはいえ、このプロゲステロンも無くてはならない存在。
生理周期を安定させ、妊娠や出産などには重要な役目を果たします

よって、エストロゲンとプロゲステロンは、どちらが良い・悪いということではありません。大事なのはバランスです。
ホルモンのバランスは、睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスなどが原因で簡単に崩れてしまいます。
そのため、普段の生活を見直したりリラックス時間を多く設けるなどするとホルモンが安定して必然的にニキビは改善できます!
また、漢方なども有効なので是非試してみてはいかがでしょうか♪