ボジョレー・ヌーボーもうすぐ解禁!秘められた美容効果とは??


今年も毎年恒例のワイン祭りの季節がやってきます!普段はあまりワインを飲まなくても、ボジョレー・ヌーボーは毎年飲んでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、ボジョレー・ヌーボーに秘められた美容効果についてご紹介します。

 

ボジョレー・ヌーボー

 

■ボジョレー・ヌーボーはなぜ人気??

ボジョレー=フランスのブルゴーニュ地方の一番南に位置する地区
ヌーボー=新酒

つまり、フランスの「ボジョレー地区」で造られる新しいワインのことを、ボジョレー・ヌーボーと言います。新物であればすべてボジョレー・ヌーボーということになるので、銘柄は多種多様です。
ボジョレー・ヌーボーは、ガメイという品種のブドウを用い、炭酸ガス浸透法という特別な製法で造られています。その年に収穫したブドウをその年のうちに仕込むので、新鮮でフルーティーな味わいを楽しむことができます。通常のワインは深みやコク・風味が重視されますが、ボジョレー・ヌーボーは酸味が少なくとても飲み易いワインです。

また、ボジョレー・ヌーボーは毎年11月の第三木曜日が解禁日と設定されており、それ以前は販売してはいけないことになっています。時差の関係により、世界で1番最初に解禁されるのが日本です。そのため、解禁直後には様々なイベントが開催されます。最近ではレストランやバーにとどまらず、空港やホテルでイベントがあったり、婚活パーティーに取り入れられたり、オフィスでのコミュニケーションの一環としてもイベントが行われるほどだとか。今や秋の風物詩とも言えます。

 

■ポリフェノールに美容・健康効果あり!

ワインに多く含まれるポリフェノールは、美容や健康に良いとよく言われていますよね。
ポリフェノールとは、色素や苦みの植物成分の総称で、抗酸化作用を持っています。肌や内臓機能の衰えを食い止め、若返らせてくれるのです。

とくに注目したいのが、赤ワインに含まれるポリフェノール。
ブドウは種子に70%(カテキン・ケルセチン・アントシアニン・プロアントシアニジン)、果皮に30%(アントシアニン・フラボノイド・レスベラトロール)のポリフェノールを含んでいます。
中でもレスベラトロールは、遺伝子を活性化して若返り効果をもたらし、放射線障害防止や認知症予防、内臓脂肪蓄積の防止といった働きが見られます。

 

■摂取量に注意!

ポリフェノールは良い作用ばかりが多く取り上げられていますが、デメリットもあります。飲む人の体質や飲む量によっては具合を悪くしてしまう場合もあるので、注意しなければいけません。
たとえば、ポリフェノールの中の「タンニン」という成分は下痢止め作用があるため、便秘気味の方は過剰摂取をしないようにしましょう。また、ポリフェノールには血圧を下げる効果があるので、低血圧の方も控えめにした方が良いでしょう。

 

いかがでしたか?
1日1~2杯であれば、ワインは体に良い飲み物と言われています。ほどほどにしながら、今年もボジョレー・ヌーボーを楽しみましょう♪