近年女性を悩ます「秋バテ」にご用心!その症状、本当に風邪?


秋バテ

最近、何か体調が優れないと感じている方いらっしゃいませんか?
軽い風邪かなーと思っているその症状、じつは「秋バテ」かもしれませんよ!
夏バテならぬ「秋バテ」?
今回は、最近増えている「秋バテ」について詳しくお話したいと思います!

■原因は夏疲れにあった

暑い夏に蓄積された疲れやダメージが、秋になって体の不調として現れるケースが多くあります。
さらに、秋は朝晩の気温差が激しい季節ですので、身体の温度管理が上手にできずに体調を崩してしまう、という原因からも秋バテの症状を引き起こすと考えられます。

■女性は季節の影響を受けやすい

女性は季節や環境によって女性ホルモンの分泌量が微妙に変化するもの。
ある研究会が行った調査によると、6割以上の女性が、夏も秋も不調を感じていることがわかりました。さらに、その中でも夏よりも秋に不調を感じている女性がより多いことがわかりました。

■じんわり身体を温めて

夏受けたダメージの多くは“冷え”からくるもの。
この冷えには主に「内臓冷え」と「冷房冷え」があります。夏の間に内外から身体を冷やしすぎてしまった結果、全身の血めぐりが悪くなり、疲れとして表れたと言えます。
対策としてはどちらもゆっくりと身体を温めて、身体をリラックスさせる必要があります。

では、秋バテに効く対策をいくつかご紹介します!

◎秋バテの症状である疲れやだるさを感じたら、38℃〜40℃くらいのぬるめのお湯にゆっくりつかって全身を温め、血のめぐりを良くすることが大切です。

◎積極的に摂取したいのが、ビタミンB群です。脂肪をエネルギーに変えて、元気を出す働きがあります。豚肉などから効果的にとりいれましょう。

◎冷たい飲み物や食べ物ばかり口ににせず、ショウガなど体を温める食材もとる

いかがでしたか?
秋は疲れた身体を休ませてあげる季節ととらえ、できるだけ仕事や遊びの予定を詰め過ぎずにゆったりと過ごすことをオススメします!