秋の味覚!今が旬のブドウを食べて美味しくキレイになろう!


ブドウ

秋口の味覚といえばブドウ!ブドウ狩りも夏の終わりの行楽としては定番ですよね!
今回は、このブドウがもたらす嬉しい美容効果についてお話したいと思います!

■決め手はポリフェノール

赤ワインで有名な“ポリフェノール”ですが、原材料のブドウはまさにポリフェノールの宝庫!

ポリフェノールとは、植物が光合成をする時にでる物質の事で、木の葉、樹皮、花などに含まれています。ブルーベリーに含まれるアントシアニン、イチゴに含まれるエラグ酸、蕎麦に含まれるルチン、大豆に含まれるイソフラボン、お茶に含まれるカテキンなど、その種類は4,000種類以上あります。

■美肌に効く!

・抗酸化作用と抗菌作用

ポリフェノールの大きな効果は「抗酸化作用」と「抗菌作用」
この抗酸化作用によって、活性酸素の働きを抑え細胞の老化を防止してシミ・シワ・たるみからお肌を守ります。細胞が元気に活動する事で、皮脂のバランスも良くなり乾燥肌の防止にもなります。

またポリフェノールの殺菌作用により、睡眠不足やストレスからくるニキビ・肌荒れも抑えることができます。
また、最近では若返り成分の「レスベラトロール」が入っていることで注目を集めています。ちなみに、これもポリフェノールの一種で、美肌や老化防止だけではなく、メタボリックシンドロームを予防する効果も期待できるんです!

■効果的なポリフェノールの摂り方

ポリフェノールは、体内で3~4時間しか効果が持続せず、また体内に蓄積することができません。ですから、こまめに摂ることが大切です。
ブドウはもちろん、お茶やコーヒーにもポリフェノールが含まれていますので、無理なく摂ることができると思います。

また、ブドウをそのまま食べるのでも効果が得られますが、干しブドウにすることでカリウムが5倍に増加するほかミネラルや食物繊維なども増加するので、レーズンの摂取もオススメ!
旬のブドウを食べて美味しくキレイになりましょう!