寝坊した朝でも大丈夫!簡単に寝癖を直すテクニック


「うっかり寝坊してしまった朝に限って、寝癖がひどい!」なんて事が起きても安心してください。短時間で簡単に寝癖を直すテクニックをご紹介します。

 

寝癖直し

 

■根元からきとんと濡らすこと

基本的な寝癖の直し方は、「濡らす」、「整える」、「乾かす」です。

寝癖がついていたら、まずは髪を濡らしましょう。この時、寝癖の部分だけでなく、内側の根元をしっかりと濡らすことがポイントです。なぜなら、根元がつぶれていることによって、毛先がはねてしまっているからです。

なるべく霧吹きを使って根元に水を降りかけ、さらに指で地肌を揉みこむようにすると良いでしょう。

また、髪を濡らしたらクシやブラシ、もしくは手グシでも構わないのできちんと整えましょう。根元を立たせるようにしてあげてください。

 

■時間を置いてから乾かす

髪の毛の中には水素結合があります。そしてこの結合は水分を加えることによって離れるため、寝癖を解くことができます。

しかし、髪は水をはじく性質を持っているため、濡らしてすぐに乾かしては意味がありません。数分で良いので、時間を置くようにしましょう。

女性の場合、先に髪を濡らし、時間を置いている間にメイクをしてしまえば効率が良いですね。

時間を置いたら、直したい方向(はねている方向と逆方向)に向かってクシやブラシでとかしながらドライヤーで乾かしましょう。この時、毛先からではなく根元から乾かせば、時間が短縮され、温風による毛の傷みも軽減できます。

 

■アイテムを上手に活用しましょう

【頑固な寝癖に効く!蒸しタオル】

霧吹きやシャワーで濡らすのも手っ取り早いですが、頑固な寝癖が直らない、髪を濡らしている時間さえもない!という方におすすめなのが蒸しタオルです。

水で濡らしたタオルを絞り、ラップにくるんで1〜2分電子レンジでチンするだけで完成です。これを寝癖の根元部分にしっかりあて、髪の毛がしっとりするまで放置しましょう。

あとは身支度をしている間に寝癖が収まるので、髪をとかして乾かすだけです。

蒸しタオルはパーマのウェーブを出す効果もありますし、寒い冬の朝には身体を温めてくれるといったメリットもあります。

 

【寝癖直しウォーターを活用】

ドラッグストアなどに行けば、「寝癖直しウォーター」というものが販売されています。これはただの水を吹きかけるよりも直しやすく、滑らかな仕上がりになるので便利です。

そしてこの「寝癖直しウォーター」は、自分でも作ることができてしまうのです。

作り方は簡単♪

霧吹き(100均で手に入るものでOK)に水と1~2滴のリンスまたはトリートメントを入れるだけ。たったこれだけで髪にもお財布にも優しいヘアケアアイテムの出来上がりです。

 

いかがでしたか?

これらの方法で、忙しい朝の数分を有効活用してくださいね!