老化は手に出る!?あなたの手、意外に見られていますよ!

老化は手に出る


仕事でも家事でも常によく使う「手」は、私たちの体のパーツの中でも特に荒れやすい部分。冬は特に乾燥でガサガサ…ということも。
しかし、手は意外に見られているパーツのひとつでもあります。手入れの行き届いた綺麗な手は清潔で優雅な印象を相手に与えられます♪
今回は、これからの季節に役立つハンドケア方法を紹介したいと思います!

■手からみる老化のサイン!


手は体の中でも最も老化のサインが現れやすいパーツだということをご存知でしたか?
大手家庭用品メーカーが、20代から50代までの主婦の手の写真を使い「それぞれ何歳の手に見えるか?」というアンケートを行ったところ、20代と30代の主婦の約3人に1人が「10歳以上も老けて見える」との結果がでたんです。

さらに、20~50代の主婦600名に「人と対面する時に相手の年齢を推測するために見てしまう」部位はどこかと尋ねたところ、1位は「顔」、2位は「手・指」、3位は「首」という結果に!

■意外と見られています!


上のアンケートからもわかるように、手は人の視線が集中する箇所でもあるんですね。
メイクやヘアスタイルは、日常から意識して綺麗に保つことを心がけていますよね!
しかし手はどうでしょうか?
顔や髪と同じくらい目立つ手もしっかりケアすることが大事!

■日常で気を付けたいこと!


◎手を洗いすぎない

さまざまなシーンで水に触れることが多い「手」。
でも水分が蒸発するときには一緒に、手のうるおいも逃げているんです。
特に日本人は「手を洗いすぎる」と言われます。
必要以上に手を洗うのはやめましょう。
また洗った後はすぐに水分をきちんとふき取るようにしましょう!

◎ゴム手袋を使って!

食器用洗剤や住宅用洗剤などに含まれる界面活性剤は手荒れの原因の一つ。
食器を洗う時や、お風呂掃除の時などは必ずゴム手袋を使いましょう。

日常生活でもほんの少し手をいたわるよう意識し、水に触れた後や寝る前はハンドクリームでこまめにケアするよう心がけて、若々しいツルツルの手で今年の秋冬も乗り切りましょう♪