女性を悩ませるPSM(月経前症候群)毎月の事と諦めてはいませんか??


PSM

生理前のイライラや気分の落ち込み、きっと多くの女性が経験したことがあるのではないでしょうか??中には頭痛や腰痛、吐き気などの症状が出る人もいるほど。
生理前のこのような症状を総称して「PMS」(月経前症候群)といいます。
このPSM、「病院に行くほどでもないから」「生理が始まれば収まるから」と、なかば諦めてはいませんか??
しかし、ちょっとした心掛けでこのPSMを軽くすることもできるんです!

■カフェインは大敵です

コーヒー、紅茶、甘いものや塩分、アルコールの摂取量が高い方は、「PMS」の症状が出やすいといわれています。
特にカフェインは鉄、亜鉛、カルシウムの吸収を妨げてしまうと同時に精神的な緊張や不安感を招いてしまう恐れがあるとされています。

生理前は特にコーヒー、紅茶、緑茶、チョコレート、栄養ドリンクの接種を控えることを心がけてみてください。

■ビタミンE、亜鉛を摂りましょう!

では逆に生理前に積極的に摂ってほしいのが

◎ビタミンE

むくみや、生理前、月経前におこる様々な痛みの改善につながると考えられています。また、細胞の新陳代謝を上げる働きをするので、様々なPMS(月経前症候群)の症状の解消につながると言われています
ビタミンEは、アーモンド・ヘーゼルナッツ、落花生などのナッツ類。アンコウ、タラコなどに多く含まれています。

◎亜鉛

ホルモンのバランスを整えてくれます。
PMSは女性ホルモンの崩れで起きます。亜鉛が欠乏すると、PMSの症状も悪化してしまいます。
亜鉛は、牡蠣・レバー・赤肉・ゴマなどに多く含まれています。

■リラックスがなにより大切

PMSは根本的に、自律神経が女性ホルモンのバランスを乱していることが原因で起こります。自律神経の乱れは、冷えとストレスからくる場合がほとんど。
ですから、生理前だけではなく、日頃からストレスを出来るだけためない様にするのが理想です。ですが、それもなかなか難しいもの。例えば半身浴やヨガ、または好きな音楽や映画などで上手にストレスを解消できる方法を見つけておくといいかもしれませんね。

そして、自律神経を乱すもう一つの原因、「冷え」ですが、なんと頭を使いすぎることによっても引き起こされるんです。

生理前にはできるだけ頭と心を落ち着かせて、リラックスすることを心がけましょう。
毎月の憂鬱を少しでも軽減して、心地よい日々を過ごしてください♪