意外と知られていない、毛穴と生理の深~い関係!戦略的 毛穴ケアで毎日ツルツル!


毛穴

生理前になると肌が荒れたり、ニキビができたりした経験がある人は多いと思います。
肌は女性ホルモンと切っても切れない深い関係にあるので、身体の状態が大きく影響してきます。
それと同じように、実は「毛穴」も生理の影響を強く受けているんです。
この生理周期と毛穴の関係を知っておくと、毛穴ケア、肌トラブルの予防などに役立ちますよ!
今回は生理と毛穴の深い関係についてのお話です。

■女性ホルモンと毛穴の関係

女性ホルモンは2種類あり、そのうち「プロゲステロン」は一部で男性ホルモンと似たような働きをするために、顔のテカリ、毛穴の詰まり、角栓など毛穴トラブルを引き起こします。排卵から生理までの期間はこのプロゲステロンが優位に働きます。
そして、生理が始まり皮脂の分泌量がピークに達することで免疫が低下し、細菌に感染しやすくなるため、ニキビなどが出来やすい状態になります。
しかし、生理が始まり数日経つとプロゲステロンが落ち着き、もう一つの女性ホルモン「エストロゲン」が増え始めます。このエストロゲンは、肌を正常に保つ効果が高いため、生理が始まった日から数日の間は、毛穴が閉じ、皮脂の分泌が少ない美しいお肌になるのです。

このように女性ホルモンの働きによって、毛穴は日々変化しているんです。

■状態に応じたケアが大事!

上記からもわかるように、変わり続ける毛穴に対して年中同じケアをしていては肌トラブルを引き起こしてしまうのも無理はありません。
例えば排卵から生理までの期間にはビタミンB群をしっかり摂取してシートパックなどで水分補給をしましょう。また、スキンケア用品はなるべく低刺激のものをチョイスしてください。

そして生理開始数日後から次回の排卵日までは守りのケアから攻めのケアに徹し、より美しい肌作りのために栄養をしっかりと補給しましょう。
悩みを解決するパワーコスメに切り替えるのもありでしょう。

このように身体のサイクルに合わせてケア方法を変えることで、効率的に美肌に近づける事を覚えておいてくださいね♪