事実!クレンジングが肌に大きなダメージを与えていた!?正しいメイク落としの方法とは?


クレンジング

メイクをしたまま寝てしまうと、お肌に大きなダメージを与えてしまうということは皆さんご存知の通り。
しかし、きちんとメイクを落とすクレンジング行為そのものが大きなダメージとなり、肌荒れの原因になっているかも知れないんです!!
今回はクレンジングの真相と、正しいメイク落としについて詳しくお話したいと思います!

■クレンジングは食器用洗剤と同じ成分??

クレンジング剤の成分表示でよく目にする界面活性剤。一般的なメイク落としにはこの成分が含まれていますよね。簡単に言えば「油性の物質と水を混ざり合うようにした物質」です。この界面活性剤は食器用洗剤などに使われていることからもわかるように、油を落とすのにとても有効なんです。
最近のマスカラやアイライン、アイシャドウ、ファンデーションには汗や水に落ちにくいようにする為に油分が混じっています。
これらを水で落ちやすくするために使用されているのです。

■よく落ちるクレンジング剤のデメリットとは??

欠点は肌にとって大事な皮脂までも洗い流してしまうという事。
敏感肌や乾燥肌の人にとっては界面活性剤はとてもリスクが高いです。メイクを落とした後肌が突っ張ると感じたことはありませんか??

するりと簡単にメイクを落としてくれるのはとてもありがたいですが、一方でこうしたデメリットもあるという事をしっかり知った上で使用をしないといけません。

■正しいクレンジングの方法とは??

肌のダメージを少なくすることを一番に考えるのならば、肌に優しいミルクタイプの使用をオススメします。
しかし、肝心の洗浄力はいまいち。ウォータープルーフのマスカラなどはまず落ちません。
その残り汚れが原因で肌を傷めてしまっては元もこもありません。

では、オイルやジェルでもなるべく肌に負担が掛からないクレンジングのポイントとしては、クレンジング剤の量をケチらずタップリ使い、短い時間で手早く落とすと言う事。
そして、熱いお湯ですすぐと皮膚に必要な油分や保湿成分までも洗い流してしまう為、ぬるま湯で流すことをオススメします!

正しいクレンジングで少しでも肌へのダメージをなくしてあげましょう!