こんにゃくを食べて手軽にダイエット


こんにゃくは昔から「胃のほうき」や「腸の砂おろし」と呼ばれ、体に良い食材として親しまれてきました。今回は、こんにゃくから得られる美容・健康効果についてご紹介します。

 

こんにゃく

 

■こんにゃくダイエットとは?

こんにゃくは大半が水分で構成されており、100グラムあたり5キロカロリーと生野菜並みにカロリーが低いことが最も大きな特徴です。
そして、美容効果をもたらす2つの重要な成分を含んでいます。

【グルコマンナン】

グルコマンナンは食物繊維の一種で、胃の中で膨張し、満腹感を与えてくれます。暴飲暴食を防いでくれるので、食べ過ぎを抑えたい人には最適です。また、不溶性の食物繊維であるため、腸を刺激しながら体の中を通過し、便秘解消にもつながります。食べる量を抑え、不要な物質を体外に排出してくれる、まさにダイエット食材と言えます。

【セラミド】

セラミドには、シミの原因であるメラニン色素を抑制し、ツルツル・プルプルな肌を保つ効果があります。子供や若い人は充分に足りていますが、加齢とともに不足していくため、ぜひとも食事で補いたい成分です。
1日に必要なセラミドの量は、白米なら茶碗25杯分、スパゲッティなら3皿分食べなければならないと言われています。
ところが、こんにゃくには豊富なセラミドが含まれているため、たった100グラムで同等のセラミドを摂取することができるのです。
セラミドが含まれている化粧品やスキンケア用品を買うより、毎日こんにゃくを食べる方が、よっぽどお得で健康的に美肌効果が得られるということです!

以上のことから、こんにゃくはダイエットにもスキンケアにも効果的な食材です。1日あたり1枚(300グラム)を目安に、食事に取り入れてみましょう。

 

■健康にも効果的

こんにゃくを食べることで、様々な病気の予防につながります。
○コレステロール抑制
○血圧低下
○有害物質の排出
○ガン予防
○糖尿病予防
○骨粗しょう症予防

こんにゃくに含まれる食物繊維は、体の中の有害物質を体外に排出してくれるため、がん予防やコレステロール値の低下につながります。
また、こんにゃくはアルカリ性のカルシウムをたっぷりと含んでいるため、カルシウム不足が叫ばれている現代人にとくにおすすめしたい食材なのです。

 

■食べ過ぎに注意!

こんにゃくに含まれる食物繊維であるグルコマンナンは、人間の消化酵素で分解できないため、そのまま腸まで運ばれてしまいます。そのため、よく噛まずに飲み込むと腸に詰まり、腸閉塞を引き起こしてしまうこともあります。
よく噛んで、適量を食べるように注意しましょう。

 

いかがでしたか?
食事によるダイエット法をお探しの方は、ぜひ試してみてくださいね!