もうパサつかない!サラツヤ髪になれるブローのコツ

ブロー
美容室で髪をブローしてもらうと、ツヤが出てサラサラになるのに、いざ自分でブローすると、パサついてくせ毛も収まらない…。そんな経験はありませんか?

少しのコツで、髪のパサつきを抑えてツヤを出し、ドライヤーでうまくブローできるようになります。

■ブロー用ウォーターや、洗い流さないトリートメントを

ブロー前の髪が濡れている状態で、毛先を中心に、傷んでいるところや乾燥している部分につけます。そうすることで、ドライヤーの熱での傷みや過度の乾燥を防ぎます。

髪をブローし終わった後も、乾燥している部分があればヘアオイルや、洗い流さないトリートメントをつけます。

■まずは前髪から乾かす。毛先ではなく根元から!

前髪は、すぐに乾きやすくクセがつきやすいので、一番先にブローしていきます。
まず、前髪を流したい方向の逆方向に髪を流して、根元に風を当てて乾かします。その後、流したい方向に流して根元から乾かします。
そうすると、クセのつかないストレートな前髪になります。

■手の指の腹を使って、頭皮を左右にこするように

前髪以外を乾かすときも、原則根元から乾かしていきましょう。根元に風を当て、頭皮を左右にこするようなイメージで手を動かしていきます。

ドライヤーは髪から10~20センチ程離し、揺り動かしながら風を当てます。

■ドライヤーをうまく使いツヤを出す

頭の斜め上から、髪の面に沿って下方向にドライヤーを当てると、キューティクルが整って髪にツヤが出ます。
また、温風を当てた後に冷風で冷やすことで、キューティクルが閉まり、さらにツヤが出やすくなります。

下から強風ドライヤーを当てて乾かしていると、キューティクルの流れに逆らうので、バサバサ髪の原因になってしまうので注意です。

はじめはうまくブローできないかもしれませんが、コツを掴んで、少しずつ上手になっていきましょう。自分のブローでツヤサラ髪ができたら感動モノですよ!