野菜の切れ端で作る万能スープ!話題の「ベジブロス」で美味しくキレイ!


ベジブロス

皆さんは、いま話題の「ベジブロス」を知っていますか?
ベジブロスとは、野菜のヘタ・皮・タネなど、普通なら捨ててしまうような部分をコトコトと煮こんで作る野菜のスープのこと。
このべジブロスが、高い栄養効果とおいしさがたっぷり詰まっていると今、美容や健康に関心のある人たちに大人気なんです!

■「ベジブロス」??

ベジブロスのベジとは、ベジタブル、つまり野菜。
そしてブロスには、出汁(だし)という意味があるそうです。

つまり、野菜の出汁スープということ!

今までは野菜の皮やヘタは捨ててきた方は多いでしょうが、
その部分にこそ老化防止に効果のあるミネラルやフィトケミカルと呼ばれる成分が豊富に含まれているんだそうです。
このフィルケミカルというのはリコピンやイソフラボン、ポリフェノールなどをまとめて総称した成分名。パッとみても、お肌に良いとされる成分ばかりですよね!

■その驚くべき効果とは?

◎アンチエイジング
◎免疫力のアップ
◎美肌効果
◎抗ガン
というのが主な効能。
ベジブロスには、血液中の抗酸化濃度を上昇させる作用があります。そのためアンチエイジングに効果絶大なんです!
また、シミやシワを改善したり防止したりする効果も!

■作ってみよう!

野菜の切れ端や皮をたくさん用意します
基本的にはニンジンやジャガイモなど、家にある野菜の切れ端を何でも入れていいのですが、ひとつの食材に偏りすぎるのは、味が強く出てしまうので避けた方が無難。
また、ブロッコリーやカリフラワー、キャベツの芯は、長時間煮込むと硫黄成分が出て嫌な匂いがするので使わない方がいいです!
オススメはタマネギの皮。味も色も良くなります!

大きい鍋に水と野菜の切れ端を入れ、火にかける前に小さじ1のお酒を入れます。
このひとさじが、うまみを引き出し、臭みを消してくれます。

火にかけたら、弱火で20~30分煮こみます。
強火にすると野菜が煮崩れてしまうので、野菜が踊るくらいの弱火にしましょう。

火を止めたら、ボウルにザルをのせて野菜をこして出来上がりです!

■いつもの出汁がわりに!

味噌汁やカレー、煮物などに活用してください!
ベジブロスで作るレシピは全て優しい味わいに仕上がります♪

皆さんも健康と美容の為にベジブロスを試してみてはいかがですか??