秋に美味しいシラスは女性の体に嬉しい効果がたくさん!


シラスの旬は春と秋の年2回。とくに秋に獲れるシラスは適度に脂がのっているため、今がちょうど食べ頃の季節です。ところで、シラスが美容に最適な健康食だということをご存知ですか?今回はシラスがもたらす美容効果についてご紹介します。

 

シラス

 

■豊富なカルシウム

そもそもシラスが何の子どもか知っていますか?シラスという名前の魚がいるわけではありません。シラスは、イワシやウナギ、アユの子ども(2~3cmの稚魚)の総称です。

魚を丸ごと一匹食べられるシラスには、たくさんのカルシウムが含まれています。牛乳100g中のカルシウムは110mgですが、シラス100g中には530mgものカルシウムが含まれています。また、カルシウムの吸収を促進するビタミンDも含まれているので、効率よくカルシウムを摂取するのにうってつけの食材です。
カルシウムは骨を強くし、イライラを抑える働きを持つことで知られていますが、それだけではありません。肌の潤いを保つ角質細胞を守る機能も持っているのです。現代人はカルシウムが不足しているとよく言われますが、みずみずしい肌を守るためにも適度に摂取しておきたい成分です。

 

■エラスチンには美肌効果

シラスには、肌のコラーゲンを支えるエラスチンというタンパク質が含まれています。エラスチンはコラーゲンとともに肌に弾力を与え、ハリをキープしてくれます。肌や血管のエラスチンは20代をピークに減ってしまうため、シラスを食べて補いましょう。シワやたるみを防いでくれます。

 

■メチオニン

メチオニンはアミノ酸の一種で、「ケラチン」という成分の元になります。この「ケラチン」は肌の細胞を作るタンパク質なので、ぜひとも取り入れておきたいものです。
また、メチオニンにはデトックス効果や代謝促進効果、さらには肝臓を守る働きも持ち合わせています。メチオニンは体内で作ることができない成分なので、食べ物から摂取しましょう。

 

■健康効果も抜群!

シラスは美容効果以外にも
○高血圧、動脈硬化
○血栓
○がん
○老人性痴呆症
○視力低下
○口内炎、口角炎
○貧血
○味覚障害
○骨軟化症
○骨粗しょう症
これらの症状を改善してくれると言われています。

 

いかがでしたか?
シラスに含まれるカルシウムを最も効率良く摂取するには、ポン酢やお酢と一緒に食べるといいそうです。ぜひ食事に取り入れてみてくださいね♪