ファンデの色はフェイスラインで選ぶべし!肌の種類別に見る、ファンデの正しい選びかた!


ファンデ

毎日使っているファンデーション。本当にあなたの肌の色と合っていますか??
ファンデの色選びはメイクでも難しい問題の一つ。実際、顔だけが白浮きしてしまったり、逆にぼんやり暗く見えてしまっている人もよく見かけます。
そこで今回は、正しいファンデの色の選び方を紹介したいと思います!

■肌色別のファンデの種類

◎色白の人の場合は?

色白の人はピンク系を選びがちですが、ピンク系を選んでしまうと時間が経つにつれて、ファンデの色が浮き出た感じになってしまいます。
薄いベージュを選ぶことによって、1日すっきりした顔でいられますよ♪

◎色が黒い人の場合は?

もともと肌が黒い人はオークル系を選ぶ人が多いと思います。
しかしオークルだけでは、時間が経つとくすんだ感じになり、午後からは疲れたような肌に見えてしまいがち。
うすくオークルをつけてからピンクを上に重ねるとどんよりとならずにパッと明るい印象になります!

◎中間色の人の場合は?

ナチュラルカラーで大丈夫ですが、やはり時間の経過とともに皮脂が分泌されて、その皮脂とファンデーションの油分が混ざり、肌の色が濃く見えてくる感じがしますので、化粧直しの時はピンクもしくは薄いベージュ色を使うといいでしょう!

■ファンデは首の色に合わせるべき??

お店でファンデの色を見るときに、よく手の甲に試して色あわせをしている人を見かけますよね。
しかし、言わずもがな手の色と顔の色は違いますよね。

“首の色に合わせるといい”なんて話も聞きますが、基本首は顔よりも白いので浮きやすくなります!
ではどこに合わせたらいいのかというと、肌の色がいちばんわかりやすい耳の下からアゴにかけてのフェイスラインなんです。
ここにファンデを伸ばして確認します。首とフェイスラインとの差が目立たないようにするためにも有効な場所!

皆さんも正しい色のファンデを選んで明るく透明感のある肌を目指しましょう♪