ガーゼ洗顔で赤ちゃんのようなツルツルたまご肌に!


赤ちゃんの肌を洗う時によくガーゼを使いますよね。ガーゼは肌に余計な刺激を与えることなく、汚れを落としてくれる優れものです。ガーゼ洗顔で古い角質や毛穴の汚れを落とし、赤ちゃんのようなツルツルお肌を手に入れましょう。

 

ガーゼ洗顔

 

■まずは週に2、3回から

ガーゼ洗顔は、毛穴の詰まりを解消するだけでなく、血流を良くして肌のたるみを改善したり、コラーゲンの生成を促す効果があります。
しかし、肌のタイプによりガーゼ洗顔の頻度を調節する必要があります。とくに敏感肌や乾燥肌の方は、まずは週に1度から。肌に適していることが分かってから週に2、3回と頻度を増やしていきましょう。
また、使用するガーゼは赤ちゃんの浴用の物で構いません。医療用の物だとすぐに破れてしまいます。新品を使う場合は、あらかじめ何度か洗濯してガーゼを柔らかくしておいた方が良いでしょう。

 

■ガーゼ洗顔のやり方

(1)化粧をクレンジングしておく
(2)ぬるま湯にガーゼを浸す
(3)洗顔料や石けんをこすりつけ、泡立てる。空気を含ませてキメ細かいフワフワの泡を作ると良い。
(4)ガーゼで肌の表面を優しく撫でるようにマッサージする。顔の外から内側へ、力を入れないように注意しながら洗顔していく。
(5)鼻周りやアゴ先などの洗いにくい箇所は、人差し指にガーゼを巻きつけて洗う。
(6)洗い終わったら、ぬるま湯で洗顔料をしっかりと流し落とす。
(7)最後に冷水ですすぎ、開いた毛穴を引き締める。

 

■やり過ぎると逆効果?

ガーゼ洗顔は、ニキビや皮脂量の多さを改善してくれますが、それらの症状が改善された後も頻繁にやり続けると、逆に症状が悪くなってしまう場合があります。皮膚に過度な刺激を与えることになってしまうので、注意しましょう。

 

いかがでしたか?
適切な頻度を守れば、小鼻の黒ずみまですっきりツルツルになること間違いなしです。皆さんも、ガーゼ洗顔で赤ちゃんのようにプルプル、スベスベな肌を手に入れてくださいね!