ダイエットでは改善されない!セルライトに関する正しい知識


美ボディを目指して日々奮闘中の方々なら、誰しも一度は「セルライト」という言葉を耳にしたことがあると思います。
セルライトとは、体の中の余分な水分や老廃物が脂肪組織に溜まって固まったもののこと。
「一度ついてしまうと自分で除去できない」と思われがちですが、そんなことはありません。今回は、セルライトに関する正しい知識をご紹介します。

 

セルライト

 

■セルライトができるのは女性だけ

セルライトとは、筋力の衰えや基礎代謝の低下、カロリーオーバーの食生活などが要因で、脂肪細胞の中に老廃物や余分な水分が溜まり、皮膚に凹凸となって表れるもののことですが、医学的に正確に定義されているものではありません。
また、一般的に女性の体につきやすいものであり、男性の体には見られません。太い、細いに関係なく、脚がむくみやすい人、急激に体重が増加したことがある人に多くついている傾向があります。

 

【セルライトがつきやすい身体の部位】

1. 太ももの後ろ側、お尻
2. 太ももの前側
3. 膝
4. ふくらはぎ、足首
5. 二の腕、お腹、首の後ろ

最もよく見かけるのは太ももです。身体の後ろ側、つまり自分ではあまり見えない部分につきやすいので、注意しましょう。

 

■セルライトの原因4パターン

○基礎代謝低下型

・過去に食事制限を課すハードなダイエットを行った
・過去に運動をしていたが今は何もしていない
・汗をかきにくい
・便秘体質
・冷え性
これらが当てはまる人は、筋肉力が減って基礎代謝が低い体になってしまっている可能性があります。

 

○食生活問題型

・味付けの濃いものが好き
・水分はあまり摂らない
・脂肪分の多い食事やジャンクフード、コンビニフードを食べることが多い
・体が冷えやすい食材を多く摂る傾向がある
・早食いである
これらが当てはまる人は、皮下脂肪が増えてセルライトができやすい状態になっています。

 

○運動不足型

・運動が嫌い
・タクシーや自動車をよく使う
・体が硬い
・極力、体を動かさないようにしている
これらが当てはまる人は、典型的な運動不足です。筋肉量が低下し、基礎代謝も下がってしまっています。

 

○環境要因型

・ハイヒールを履いたり、矯正下着を着用することが多い
・湯船に浸からずシャワーのみで済ませることが多い
・睡眠が浅い
・喫煙する
・冷房、暖房を使いすぎている
これらが当てはまる人は、自律神経の機能が低下し、体内の血液の流れが悪くなってしまっています。

 

この4パターンに限らず、体型によってもセルライトの付き方は変わってきます。
まずは、自分がどのパターンの要因が当てはまるのかを把握し、これ以上セルライトを増やさない努力をしましょう。
次は「自宅で簡単にできるセルライト除去法」をご紹介します。