長引く風邪の症状、実はそれ「秋花粉」のせいかも!?セルフチェックで診断!秋の花粉症とその対策法!


秋花粉

最近は暑さもずいぶん落ち着いて、過ごしやすくなってきましたが、鼻水やくしゃみといった風邪ともとれる症状に悩まされていませんか??
それはもしかすると「秋花粉」のせいかもしれません・・・!
今回は意外と知らない秋花粉と、その対策についてお話します!

■秋花粉とは??

秋の花粉症は、春の花粉症を引き起こすスギやヒノキ花粉と異なり、道端や川沿いに生えているブタクサやヨモギなどキク科の雑草の花粉が原因とされています。
通常は、8月頃から日本各地で飛び始め、9月中にピークを迎えて10月まで続くと言われているのですが、今年は高温多雨の影響により通常は9月にピークを迎えるはずのブタクサの花粉飛散が10月にずれ込む見通しだとのこと。
そのため、全体的に飛散期間が長期化することが予想されるんです!

今、風邪が長引いているなぁと思っている人は、もしかしたらこの花粉の影響かもしれません。
となると、風邪薬では治りません。

■まずはセルフチェックで診断!

花粉症の症状をいくつか挙げてみます

□透明でサラッとした鼻水が出る
□1週間以上、くしゃみや鼻水が続いている
□目のかゆみがある
□くしゃみが止まらないことがある
□熱があっても微熱程度で高熱ではない
□晴れた日に、より強く症状が出る

以上の6項目で、3つ以上当てはまった人は、秋の花粉症の可能性が!
一度病院でアレルギー検査を受けることをオススメします

■秋花粉対策をしよう!

◎免疫力を高めることが大事!

アレルギー反応の程度はその時の体調にも左右されるそうです。そこで、バランスの良い食事をとる、ストレスを発散させる、しっかり睡眠をとるなどして、健康な身体を保つようにしましょう。

◎乳酸菌が効く!

また、乳酸菌の摂取も花粉症には有効であると言われています。乳酸菌が含まれているヨーグルトや味噌汁などで腸内環境を整えておくのも、花粉症の予防につながります。

◎アロマテラピーでリラックス

アロマテラピーにはアレルギー作用を抑えるオイルがあります。
ティーツリーやユーカリ、ペパーミントなどは抗アレルギー作用があると言われています。

アロマポットやアロマ風呂などでアロマを嗅ぐと心も身体もリラックスできますよ♪

この花粉の季節はもう少し続きます!しっかりとした対策で、辛い症状を少しでも軽くしたいですね。