悪玉コレステロールを下げてスリムボディを目指せ!!


コレステロールに”善玉・悪玉”の2種類があることは一般でも良く知られるようになってきたと思います。名前の通り”悪玉コレステロール”が体に多くなってしまうことは体の不調を起こしやすくしてしまいます。
しかし、コレステロールとは全くいらないものなのでしょうか? 意外と知られていないコレステロールの役割、コレステロールと上手く付き合う方法などをご紹介いたしと思います。

★コレステロールとはいったい何?

簡単にいうとこれは「脂肪の1種」です。体内には大きく分けて4種類の脂肪があります。
この4つのうち全体の90%を占めるのが良く知られている「中性脂肪」です。残りの10%を「コレステロール」含む他2種「リン脂質」「遊離脂肪酸」で占めています。数字で見られるように1日に体が必要とするコレステロールの量もほんの1~2g程度と言われています。しかし、少量とはいえ、コレステロールは体にとって、とても大切なものです。
体を正常に保つための大きな役割があります。
・細胞膜を作る
・消化・吸収を補う
・ホルモンの原材料 など
量が低下しすぎてしまうと血管が弱くなり貧血気味になってしまいます。
コレステロールには善玉・悪玉それぞれに「正常値」があるのでこの値を守ることが重要になります。
この値を守ることによって、健康美のスリムボディが作られます。

★コレステロールを増やさないために

第1に「食事療法」です。外食のしすぎはNG。野菜を多く摂り入れましょう。洋風料理のお肉が好きな方は一緒にたまねぎ・キャベツ・きのこ類などを多く摂りましょう。
脂はなるべく落としてから調理することをお勧めします。また、「いわゆる日本食」をなるべく摂り入れることが大事です。

悪玉コレステロール

食事療法と一緒に適度な運動を毎日続けましょう。「乗り物に乗る」よりも「歩く」を意識して行動するだけでも大きく違ってきます。毎日の適度な運動量が必要です。
「有酸素運動」を生活にとりいれると効果的なようです。水泳、ウォーキング、ジョギングなど。

毎日の生活習慣を正しくするだけで十分に効果が得られるので、健康的な生活からコレステロールと上手く付き合って美しいスリムボディを維持していきましょう。