知って得する!女性をキレイにするファッションの法則とは?

ファッションの法則

夏も終わりに近づき、もうすぐファッションの秋到来です。
まだ街には夏ファッションが多い中、季節に先駆けてブーツを履いている方もちらほら。ショップにはもう秋冬アイテムが並んでいます。

スタイルが良くなりたい、おしゃれになりたい。女性ならそう思いますよね。でもどうしたらいいかよく分からない……。
そこで誰でも実践できて、スタイル良くおしゃれになれる方法をご紹介したいと思います。

■3首の法則について

ファッション界では、女性をキレイに見せるための「3首の法則」というものがあります。
3首とは「首、手首、足首」のこと。この3首を見せることでヌケ感とメリハリが出て、おしゃれ感がぐっとアップします。
また、体全体の中で細い部分である3首を出すと、着やせしてスタイルがよく見えるんです。

女性ファッション誌を見てみてください。この3首の法則をバッチリ取り入れています。モデルは皆スタイルがいいですが、素敵に見えるのはそういった素敵に見える細工をしているからでもあります。

具体的には、首からデコルテが開いた服を選んだり、シャツなら襟近くのボタンを何個か外す。ジャケットやシャツの裾を少しまくって手首を見せる。パンツの裾をロールアップして足首を見せる、などですね。

そういったアレンジで、着こなしが一気に素敵に見えてきますので、どこか一ヶ所でもやってみてください。

■冷え対策には3首を温める

そうはいっても寒い時期に3首を出すのは寒いし冷えてしまう……。そう、冷えは女性の大敵です。また夏でも冷房で体は冷えてしまいます。
冷えを防ぐには、逆にこの3首を温めることがポイントです。

首、手首、足首は皮膚が薄く、動脈が皮膚の近いところにあるので、ここを温めると血流が良くなり体全体が温まってくるのです。

おしゃれに見せたいけど冷えは予防したい。どちらも外せないですよね。冷え対策をしながらおしゃれも楽しんでいきましょう。

冷える場面ではストールやマフラー、手袋やブーツ、レッグウォーマーなどでしっかり保温、防寒を。
最近は可愛いデザインのものがたくさんあるので、それらをコーディネートのアクセントに持ってくるのもいいですね。
そして暖かい気候のときや室内に入れば3首を出すようにする。
ファッション誌では、セーターのスタイリングでも手首を見せたりしてますね。

この3首のポイントを押さえて、状況によって工夫も楽しみつつ、おしゃれを磨いていきましょう。