セルフマッサージで、むくみをシッカリ解消しよう。


セルフマッサージ

 

●自宅で簡単にできる「セルフマッサージ」

最近では多くの化粧品会社やアロマの専門店から「セルフマッサージ」のグッズが数多く販売されています。
その殆どは、アロマオイルやマッサージオイルを使ったものが主流です。
今回は、頑固なむくみを解消する為の「セルフマッサージ」についてご紹介しましょう。

●セルフマッサージのやり方は?

まず、マッサージオイルまたは、皆さんがお好きな香りのボディ用アロマオイルを手の平に適用取ります。
手の平で数回、オイルを温める様に混ぜ合わせた後、全身にしっかり塗り込んでいきます。
ふくらはぎや太もも、ヒップやボディ全体、特にセルライトが気になる部分はシッカリ揉み込む様に塗り込んでおきます。

このようなマッサージオイルの多くは、発汗作用やカラダの余分な水分や毒素を体外へと輩出するデトックス効果を持っています。
ケチらずにタップリ使うことで、しっかりむくみを改善する事が出来るでしょう。

●マッサージは心臓の遠い所から…

全身にオイルが行き渡ったら、マッサージグッズで全身を揉みほぐして行きます。
マッサージグッズは、多くが天然の木で出来ており、オイルを使っても大丈夫なように出来ています。
また、マッサージグッズの突起部分は、セルライトをしっかり分解する様に出来ているので、少々痛気持良い程度に揉みほぐして行きましょう。
下から上に、足のふくらはぎから太もも、手から二の腕といったように、心臓から遠い部分〜近い部分に向かってマッサージするのがポイントです。

全身がぽかぽかと温かくなってきたら、その後、お風呂にゆっくり入浴すると良いでしょう。
オイルをある程度洗い流した後は、ぬるめのお湯で半身浴をすると更に効果が上がります。
胸の下くらいの位置で、熱すぎない程度のお湯に20〜30分程使っていると、体内の毒素がしっかり汗になって排出されて行きます。
毎日入浴前に、このようなマッサージと半身浴を習慣にすることで、シッカリカラダのむくみや冷えを根本から改善する事へと繋がります。

●入浴後のケア

入浴後は汗をかいたので、どうしても「冷たい飲み物」を飲みたいと思う筈です。
しかし、出来れば温かい「お白湯」を飲む様にして、更にデトックス効果を促進させる事をお勧めします。

冷たい飲み物でカラダを急激に冷やしては、せっかくの半身浴の効果も半減してしまいます。
出来れば、普段からカラダを冷やさないような食生活や習慣を心掛ける様にしてください。