アボカドで作る☆かんたん手作りヘアパックで夏髪のダメージをリセット!


ダメージリセット

夏の紫外線や、冷房の影響で髪が乾燥ぎみという人も多いのではないでしょうか??
サロンでの特別ケアも魅力的ですが、週1~2回の自宅で簡単にできる手作りヘアパックでもっと美しく健やかな髪に導いていけます♪
今回は、食べ物で作るヘアパックをご紹介します!

■夏に髪が受けるダメージ

まずは、髪が受ける夏のダメージについてお話します。

夏の間、直射日光を直に浴びる髪は顔の約3倍も紫外線を浴びていたんです。
紫外線は髪の深部にまでダメージを与え、ちょっとした摩擦でキューティクルが剥がれやすくなります。
キューティクルが剥がれると、タンパク質や潤いを保つアミノ酸が流失し、髪の水分保持機能が弱まってしまいます。その結果髪が乾燥し、全体的にパサついた髪になってしまいます。

また、紫外線によって傷んだキューティクルは光が乱反射してしまうので、ツヤがみられなくなってしまいます。
パサパサでツヤがない髪なんて、女子としての魅力も半減してしまいますよね。

■卵とアボカドでヘアパックを作ろう

材料
・卵 1コ
・アボカド 半分
・蜂蜜 大さじ2

アボカドはよく熟したものを選びます。
以上の材料を全部合わせるだけで完成です。フォークなどでつぶしてもできますが、ミキサーなどにかければよりなめらかなペーストができます。

シャンプー前の乾いた髪にすり込んでよくマッサージします。特に毛先の部分に重点的にすり込むようにすると効果的です。
塗布した後は髪全体をラップで覆って20分ほど放置します。
その後はいつもと同じようにシャンプーとリンスをするだけ♪
また、このヘアパックは、そのままフェイスパックにもなるんです!
顔にペーストを伸ばし、15分ほど放置した後ぬるま湯で洗い流すだけでしっとりとしたお肌になりますよ♪

安心安全な手作りヘアパック、是非試してみて下さいね♪