カラコンを使わずして大きなパッチリ黒目に見せるメイク術


大きく、丸く、パッチリとした黒目って、お人形風で可愛げがありますよね。白目より黒目の比率が大きいだけで、目が潤んで女の子らしい印象になるため、憧れを持っている女性も多いと思います。
最近はカラコンを入れれば簡単に大きな黒目が手に入りますが、「目に物を入れるのに抵抗がある・・・」という方のために、カラコンを使わずして黒目を大きく見せるメイク法をご紹介します。

 

メイク

 

■アイラインで上まぶたメイク

ただアイラインを上まぶたにそって引くだけでは、黒目は強調されません。
1.黒のリキッドかジェルライナーで極細のアイラインを引きます。
2.黒目の上の部分だけ少し太めに引きます。黒目の幅より若干広い範囲を太くすると、不自然さがなくなります。すると目の幅が上下に広がって見え、丸みを帯びた可愛らしい目の形になります。
3.最後にブラウンのペンシルでラインをぼかせば、薄いメイクなのに黒目が強調され、ふんわり優しげな印象に仕上がります!

 

■アイライナーで下まぶたメイク

下まぶたにアイラインを引くと、目力はアップしますが、逆に黒目が小さく見えてしまうこともあります。アイラインをしっかり引くのではなく、まつ毛の隙間を埋めるイメージでメイクをすると良いでしょう。
ブラウンのペンシルかジェルライナーを使えば、ナチュラルな仕上がりになるのでおすすめです。

 

■アイシャドウでグラデーション

アイシャドウも黒目の上から目尻に向かってグラデーションを作ることで、黒目を強調する効果が出ます。
下まぶたの目尻にブラウンのアイシャドウを塗って、きれいにぼかします。すると自然に色が馴染む上、垂れ目にも見せられます。
目頭から黒目の下には、パールが入ったホワイトゴールドかベージュのシャドウをのせましょう。そうすることで涙袋が目立ち、白目もきれいに見せることができます。

 

■インラインは危険!!

瞳を強調するために、まぶたの粘膜にアイラインを引くというメイクが流行しています。しかし粘膜は非常に弱いため、様々な眼病トラブルを引き起こします。また粘膜の上でなくても、粘膜ギリギリまで引けば、眼球に悪影響を及ぼす可能性は十分にあります。
目をキレイに見せるために病気になってしまっては意味がないので、目を強調する効果が大きいと言っても、インラインはおすすめできません。

 

いかがでしたか?
このメイク法で、クリッとしたかわいい黒目を作りましょう!