94%が水分なのにむくみ改善?ナスを食べてキレイな体になろう!


ナスは焼いたり、天ぷらにしたり、肉詰めにして揚げたり、砂糖と一緒に煮たり・・・と様々な食べ方を楽しめますね。
しかし、ただ美味しいだけではなく、ナスには様々な美容成分が含まれています。
ナスを食べることによる効能を知って、美を極めましょう♪

 

ナス

 

■ナスは健康にも美容にもいい

ナスに含まれる栄養分には
ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、食物繊維、カリウム、ポリフェノール
といったものがあります。

たとえば、カリウムはむくみ対策に効果的です。ナスは約94%が水分でできているので、「ますますむくむのでは?」と思われがちですが、利尿作用があります。
なぜなら、カリウムにはむくみの元となる塩分を体外に放出しようとする働きがあるからです。つまり、ナスを食べることにより代謝が良くなり、むくみ知らずの美ボディを手に入れることができるということです!

また、ナスを彩るのは「アントシアニン」というブルーベリーなどでもお馴染みの紫色の色素ですが、これは素晴らしい抗酸化作用を持っています。紫外線ケア、生活習慣病予防はもちろん、アンチエイジングにも効果的です。ナスを積極的に食べて、細胞を活性化させ、ハリのある肌を手に入れましょう。

その他にも
○のぼせ改善
○胃腸の働きを整える
○肌の乾燥、シミ予防
○便秘解消
○生活習慣病予防
と多くの効能が期待できます。

 

■食べ過ぎはNG?ナスの注意点

ナスに様々な美容効果があるということがわかりましたが、トマトなどのように毎日たくさん食べれば効果的というわけではありません。

ナスには体を冷やす効果があるため、代謝を悪くしてしまう恐れもあります。
とくに冷蔵庫で一晩冷やしたナスは気をつけなくてはいけません。
代謝が悪くなると、痩せにくくなり、顔や肌など体中に支障が発生するので、ナスを食べる際は調理法や食べる量に工夫をしましょう。

また、ナスは油を吸いやすい性質も持っているため、フライパンで焼く時も要注意です。魚焼きグリルを使って油を使わずに焼いた方が、ヘルシーに食べられますね。

 

いかがでしたか?
「冷え過ぎ」と「油の使用」にさえ気をつければ、ナスは低カロリーでダイエットに適した食材です。夏が旬の野菜なので、今の時期にたくさん食べておきたいですね♪