夏には夏の原因がある!夏風邪に関する正しい知識


皆さんは暑い夏をいかがお過ごしですか?
夏はただでさえ暑くて食欲が落ち気味なので、一度体調を崩すとなかなか回復しません。また夏風邪の原因は、冬風邪の原因となるウイルスとは異なるため、症状や治療法も同じでは通用しないのです。
そこで今回は、夏風邪に関する正しい知識をご紹介します。

 

夏風邪

 

■夏風邪はお腹にきやすい

夏風邪の原因ウイルスとして、「エンテロウイルス」と「アデノウイルス」が有名です。エンテロウイルスは腸内で急速に増殖し、アデノウイルスは喉に炎症を起こします。
これにより、食べ物や飲み物を摂取しにくくなくなるため、体力や免疫力が低下してしまうのです。

 

■主な夏風邪の症状

夏風邪の主な症状には
○発熱(微熱が数日間続く、または38~40℃の高熱が2~3日続く)
○頭痛
○喉の痛み
○下痢
○倦怠感
といったものが挙げられます。

咳や鼻水が中心となる冬風邪と違い、周囲の人への拡散範囲は比較的狭いですが、一度かかると長期間続く傾向があります。また、暑さやエアコンによる乾燥も加わるため、脱水症状を起こしやすくなります。
こじらせると肺炎や髄膜炎、脳炎を引き起こす可能性もあるので、きちんと休養をとって治しましょう。

 

■どのように対処すればいいの?

先ほど挙げたように、夏風邪は腸に侵入し、下痢を引き起こすことが多いです。
そこで市販の下痢止めを飲んでしまうと、ウイルスを排出できなくなってしまうため、なかなか回復しません。また、夏風邪には抗生物質も効きにくく、「熱は汗をかいて下げる」という治療法も脱水症状の危険度が増すだけです。

消化の良い食べ物を食べたり、果物から天然酵素を摂取するなどして、免疫力を取り戻すことが最適です。症状が重い場合は病院に行き、正しい薬を処方してもらいましょう。

日頃から以下のような予防をすることも大切です。
◎水分や栄養補給を欠かさない
◎クーラーで体を冷やしすぎない
◎手洗いうがいを徹底する
◎ペットボトルの回し飲みやタオルの使い回しを避ける
◎納豆やぬか漬け、ヨーグルト、チーズなどの発酵食品を食べる

とくにヨーグルトやチーズを摂取することをおすすめします。発酵食品には腸内の善玉菌を増やす効果があり、乳製品のタンパク質には免疫力を活性化する成分が多いので、夏風邪予防効果が抜群だからです。

 

いかがでしたか?
まだまだ残暑が続いていますが、体を壊さずに乗り切りましょう!